【東京タラレバ娘】ドラマ第9話のロケ地・撮影場所は?喫茶店などはここ!

      2017/03/24

ドラマ「東京タラレバ娘」も第9話が放送されましたね。

 

最後、KEY(坂口健太郎)が泣く姿が切なくて、こっちまで涙が出てきそうでした。タラレバ娘それぞれの恋が始まったり終わったり、そして来週はまた新たな展開になりそうですね。

 

ではそんな第9話のロケ地を振り返ってみましょう🎶

スポンサーリンク

ドラマ「東京タラレバ娘」第9話のロケ地&撮影場所は?

倫子が大きな鍋を買った場所

(引用元:「東京タラレバ娘」9話・場面カット)


東京都稲城市若葉台にある「ユニディ若青葉台店」です。

 

店員さんに「ご家族は何人?」なんて聞かれて、うれしそうな倫子(吉高由里子)でしたね。

 

早坂さんに「一緒に住むための、物件探してみない?」って提案されて、まさに幸せ絶頂の倫子。倫子曰く、「物件さがし」という言葉は、アラサー独身女子が言われてうれしい言葉の「第16位」だとか(笑)

 

KEYが7回忌に参列した墓地

(引用元:http://www.ntv.co.jp/)


東京都町田市にある「町田いずみ浄苑」です。

 

KEY(坂口健太郎)の奥さんが亡くなってから7年が経ったのですね。妻・ようこの父がKEYに、「7回忌で一区切りだ。君はまだ若いんだ。ようこのことは忘れて、君の人生を歩いて行きなさい」と伝えます。

 

KEYはびっくりしていましたが、ようこの父の愛情にあふれた言葉でしたね。

スポンサーリンク

小雪と丸井が話をしていた喫茶店

(引用元:「東京タラレバ娘」9話・場面カット)


神奈川県川崎市中原区にある「まりも」です。渋い感じの喫茶店でしたね。

 

それにしても、丸井(田中圭)のクズっぷりはスゴイですね・・・。悪気がないからまた厄介です。

 

丸井は、小雪(大島優子)に申し訳なさそうにしながらも、産まれた子供のことを聞かれると、うれしそうな顔をしていましたよね。

 

それを見た小雪は決意を固めたようでしたね。別れてほんとうによかった!そう思ったのは私だけではないと思います^^

 

小雪が丸井と別れたところ

(引用元:「東京タラレバ娘」9話・場面カット)


東京都新宿区中井の「山手通り」です。小雪と丸井が出会った場所もこの近くでしたよね!

 

最後の最後まで、まるで子犬のような愛嬌のある顔で見つめる丸井(田中圭)。あの表情はある意味ズルいですよね(笑)。

 

小雪は本当によく決断しました!

 

泣き崩れるKEYを倫子が支えた場所

(引用元:「東京タラレバ娘」9話・場面カット)


東京都港区港南にある「品川シーズンテラス」です。ここはもう毎回のように出てくる場所ですね。

 

酔っぱらってボロボロになるKEY(坂口健太郎)を始めてみました。自分のことを素直にポツポツと話す姿にはグッとくるものがありましたよね。

 

「ほんとうはあんたたちに伝えたかったんだ。そんな風に愚痴ってる暇はないって。そんなことばっかりやってたら、いつか後悔して、後悔したまま死んじゃうんだって」

 

そう、KEYは倫子に伝えます。強い口調で倫子たちに言っていたのは、KEYなりの優しさだったんですね。

 

泣き崩れるKEYを思わず抱きしめる倫子。いったい2人はどうなるのでしょうか!次週が楽しみですね♪

 

今回は第9話のロケ地・撮影場所を紹介しました。

第1話のロケ地・撮影場所はこちら(呑んべえなどの定番の情報はここです)

第2話のロケ地・撮影場所はこちら

第3話のロケ地・撮影場所はこちら

第4話のロケ地・撮影場所はこちら

第5話のロケ地・撮影場所はこちら

第6話のロケ地・撮影場所はこちら

第7話のロケ地・撮影場所はこちら

第8話のロケ地・撮影場所はこちら

最終回(第10話)のロケ地・撮影場所はこちら

スポンサーリンク

 - ロケ地, 東京タラレバ娘