【貴族探偵】ドラマの原作は?脚本家は誰?

   

嵐の相葉雅紀さんのドラマ「貴族探偵」がもうすぐ始まりますね!

 

「貴族探偵」っていうタイトルだけでも、何だろうって興味を惹かれますよね。フジテレビの月9が始まって30周年ということもあり、今回のドラマは気合が入っているようですよ。

 

月9と言えば、ラブストーリのイメージが強いですが、今回はミステリー。今までも「ガリレオ」などミステリー作品がありましたが、どれも大ヒットしているので、今回も楽しみですね。

 

それでは、「貴族探偵」について紹介します!

スポンサーリンク

「貴族探偵」ってどんな作品

主人公が推理をせずに謎を解く「前代未聞のミステリー」ドラマです。主人公は自分のことを「貴族探偵」と名乗っているのですが、実際に調査や推理をするのは、彼を取り巻く召使たち!

 

「推理などという雑事は、使用人に任せておけばいいんですよ」と貴族探偵は言い放ち、優秀な召使たちが、事件を解決していくのです。

 

ドラマ「貴族探偵」の原作は?

原作は、麻耶雄嵩(まやゆたか)さんによる推理小説「貴族探偵」と続編の「貴族探偵対女探偵」です。

貴族探偵

貴族探偵対女探偵

 

私も読みましたが、読んでいくうちに話に引き込まれていきました。本当に、貴族探偵名乗る主人公は自ら手を出さないで、召使に任せ事件を解決しているんですよ。

 

章ごとに完結で、どれも同じパターンなのですが、それが水戸黄門的にクセになる感じです( ´艸`)

 

「貴族探偵対女探偵」の方は、「本格ミステリ・ベスト10」2014年度で1位を獲得しているんですよ。

 

原作者:麻耶雄嵩さんってどんな人

(引用元:https://matome.naver.jp/)

 

本名:堀井良彦
生年月日:1969年5月29日
職業:推理作家
代表作:隻眼の少女
デビュー作:翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件

京都大学在学中(21歳)の時に、島田荘司、綾辻行人、法月綸太郎から賛辞を受け、デビューしました。

 

独特の世界観があるようで、麻耶雄嵩さんの作品を読んだ方の感想を見てみると、

などなど、麻耶ワールドに浸かってしまうようです。私は、ディープなものは読んでいませんが、貴族探偵はライトに楽しめる小説だと思いました。

 

麻耶雄嵩さん入門におすすめの本として、「夏と冬の奏鳴曲」「神様ゲーム」「翼のある闇」などが挙がっていましたよ。

スポンサーリンク

ドラマ「貴族探偵」の脚本家は?

(引用元:http://op.hanhande.com/)

 

ドラマ「貴族探偵」の脚本家は「黒岩勉」さんです。

 

黒岩勉さんのプロフィール

生年月日:1973年9月25日
職業:脚本家・小説家

 

青山学院大学を卒業後、構成作家を経て、脚本家となりました。脚本家のデビューは、「世にも奇妙な物語」です!

 

その後、2010年に「それは、自殺5分前からのパワープレー」で小説家デビューしています。脚本においては、テレビドラマだけでなく、映画「ワンピース」も担当されていますよ。

 

黒岩勉さんが手がけた脚本

黒岩勉さんはこれまでにこんなテレビドラマの脚本を手掛けられています。

世にも奇妙な物語 2009年 秋の特別編 「自殺者リサイクル法」(2009年、フジテレビ)

LIAR GAME Season 2(2009年、フジテレビ)

11文字の殺人(2011年、フジテレビ)

絶対零度〜特殊犯罪潜入捜査〜(2011年、フジテレビ)

謎解きはディナーのあとで(2011年、フジテレビ)

ストロベリーナイト(2012年、フジテレビ)

O-PARTS〜オーパーツ〜(2012年、フジテレビ)

謎解きはディナーのあとで スペシャル(2012年、フジテレビ)

世にも奇妙な物語 2012年 秋の特別編「ヘイトウイルス」(2012年、フジテレビ)

dinner(2013年、フジテレビ)

ストロベリーナイト アフター・ザ・インビジブルレイン(2013年、フジテレビ)

よろず占い処 陰陽屋へようこそ(2013年、関西テレビ)

すべてがFになる(2014年、フジテレビ)

上流階級〜富久丸百貨店外商部〜(2015年、フジテレビ)

ようこそ、わが家へ(2015年、フジテレビ)

サムライせんせい(2015年、テレビ朝日)

僕のヤバイ妻(2016年、関西テレビ)

 

こうしてみると、有名作品が多いですよね!そういえば、今回の「貴族探偵」は、人気ドラマ「ようこそ、わが家へ」を制作した羽鳥健一プロデューサー、中江功ディレクターも揃っています。

 

となると、「貴族探偵」も期待せずにはいられませんね。ドラマ開始が楽しみです♪

 - 貴族探偵