【CRISIS(クライシス)】ドラマで見せた西島秀俊のらせん階段アクションが凄すぎる!

      2017/04/23

小栗旬さん&西島秀俊さんW主演ドラマ「CRISISクライシス)」が始まりましたね。

 

公安起動捜査隊特捜班って聞きなれない言葉でしたが、そこに集まった人達の特殊能力が凄すぎましたよね。それがそれぞれの個性になって、それぞれが自分の役割を果たして事件を解決していく様は圧巻でした。

 

中でも、小栗旬さんと西島秀俊さんのアクションシーンは見ものでしたね。そんな中でも、西島秀俊さんのらせん階段のアクションが話題になっていましたので、紹介しますね♪

スポンサーリンク

西島秀俊のらせん階段のアクションが凄すぎる!

田丸(西島秀俊)と稲見(小栗旬)は爆弾を仕掛けられた外務大臣の息子を救うために、その友人の元へと駆けつけます。

 

自宅マンションにいた友人は何かを察して、2人から逃げようとします。それを追う時のアクションが「らせん階段」のアクションでした。

 

舞台となったマンションはこちらです。

(引用元:https://realestate.yukarigaoka.jp/)

下へ逃げようと階段を駆け下りる友人を、田丸(西島秀俊)は階段を使って追うのではなく、階段の外を1階ずつジャンプしながら追うのです!

こんな感じです。手すりを掴んで、勢いをつけてジャンプし、下の階の手すりを掴みます。これ西島秀俊さんがやられているんですよね。とってもカッコよかったですが、見ているこっちはハラハラしました。

 

これを見ていた稲見(小栗旬)は、田丸の事をスゴイと言っていましたが、その後、自分は高層階から飛び降りていましたからね(-_-;)

命知らずな2人です。

 

こんな感じでアクションが繰り広げられ、それを見ていた方はきっと引き込まれていたと思います。実際にアクションをほめたたえるツイートが沢山されていましたよ。

 

ちなみにCRISISでは「カリ・シラット」という武術が使われているようです。この武術を採用することによって、臨場感や迫力が出てくるそうですが、小栗旬さんも西島秀俊さんもこの武術を習得するために訓練したそうです。

 

金城一紀さんの作品ではこの「カリ・シラット」が使われているそうで、SPでも岡田准一さんが訓練しこの武術を使っていたそうですよ。

 

確かに、アクションが本当に凄くて、その臨場感に引き込まれました。一つの作品がこういった努力で作られていくのですね。CRISISのこれからが楽しみです♪

 

今回は、西島秀俊さんのらせん階段のアクションについて紹介しました。

→第1話を見逃がしてしまった~!という方は、こちらから視聴できます。

スポンサーリンク

 - CRISIS