【ボク、運命の人です。】第8話の視聴率や感想、動画を無料視聴するには?

      2017/06/12

ドラマ「ボク、運命の人です。」も第8話が放送されましたね!

 

誠(亀梨和也)の過去の恋愛が、晴子(木村文乃)との危機を招くことになるとは・・・。まさかの父・大吉(杉本哲太)の反対に、どうなって行くのか。

 

そんな第8話の視聴率や感想、見逃した時の動画視聴方法についてお伝えしますね!

「ボク、運命の人です。」は、Huluで配信中です!今なら2週間無料トライアルを使って、無料で視聴することが出来ます!

登録はこちら↓↓↓から。
Hulu2週間無料トライアル

「ボク、運命の人です。」第8話の視聴率

第8話の視聴率はまだ発表されていません。発表され次第お伝えしますね!

第8話の視聴率は8.2%でした!前回の8.6%より0.4ポイントマイナスの結果となりました。

これまでの視聴率
第1話:12.6%
第2話:9.6%
第3話:9.2%
第4話:9.8%
第5話:9.1%
第6話:9.5%
第7話:8.6%

 

「ボク、運命の人です。」第8話のあらすじ

第8話の感想の前に、あらすじとポイントを紹介しますね♪

第8話あらすじ

(引用元:http://www.ntv.co.jp/boku-unmei/story/08.html)

誠(亀梨和也)と晴子(木村文乃)の関係は、順調に進展。そんな中、会社の仲間と飲んでいた誠は大地(杉本哲太)と出くわし、皆と飲むことに。

 

その席で和生(澤部佑)が実は誠の元カノが美人局の逮捕者だと話したことから、大地は突然不機嫌に。晴子とは今後一切関わらないでほしいと激怒してしまう。

 

だが謎の男(山下智久)は落胆する誠に、今が最大のチャンスだと告げる。不良が良いことをした時と一緒で最悪の信頼を回復できれば一気に好感度があがり、大地に晴子との結婚を認められ、あと3週間で奇跡的に結婚できるかもしれないと言い出す。

 

誠は謎の男のアドバイスに従って、三恵(菜々緒)に協力してもらう。今でこそ大地に気に入られている三恵だったが、以前は嫌われていた。

 

その秘策とはいかに…。
絶対不可能な「信頼回復」のミッション。結婚に向け最大の壁を突破するその術とは!?彼女を家族に変える方法。必見!!

(引用元:http://www.ntv.co.jp/boku-unmei/story/08.html)

 

「ボク、運命の人です。」第8話のポイント

ピンチは最大のチャンス

誠(亀梨和也)の過去の恋愛が、まさか晴子(木村文乃)との恋に最大のピンチをもたらせるとは・・・。

 

誠の元カノが美人局と知った晴子の父・大地(杉本哲太)は「もう晴子とは会わないでくれ」と、誠に言うのです。ここにきて、父から反対にあうとは青天の霹靂とはこのことでしょう。

 

大地の言い分としては、美人局のような女の次に晴子が選ばれるのが許せない、騙されるような男に晴子と付き合ってほしくない、という父親として娘を想う気持ちから。

 

観ているこっちは、それは過去の事じゃん!と思ってしまいましたが、まさかあそこまでかたくなに拒むとは・・・。

 

 

今では飲み友の位置までになった四谷(菜々緒)も昔は大地に嫌われていました。どうやって大地を攻略したのか、四谷にアドバイスを貰い、大地に認めてもらうため、誠は弱気になったりしながらも真摯に向き合うのです。

 

その姿は気持ちよいくらいまっすぐで、そんな姿を是非見てもらいたいです。

 

ダメだと思われることからの大逆転

不良が社長になる、ギャルが有名大学に合格する、普通の人がクリアするより、ダメだと思われる位置からクリアするとより賞賛される・・・

 

神(山下智久)に言わせれば、嫌われたこの状況をくつがえしたら、それは結婚への大チャンスになると。

 

そして、そんな誠(亀梨和也)の状況を映したかのような人が現れました。晴子の父・大地(杉本哲太)の部下・国枝(加藤諒)です。

 

国枝は運動が苦手ながらもボクシングの試合で勝利を掴むために日々努力をしているのです。一見、ボクシングをやるようには見えないため、周囲からはムリだと言われますが、そんな声を気にせず挑戦を続けるのです。

 

その姿が誠に勇気を与え、国枝の試合を応援に行くことを決めます。迎えた国枝の試合は、一方的な試合でした。相手のパンチを受け、KO寸前。

 

すると、その時・・・。

 

デジャヴュかと思うようなまさかの出来事が起こりました。運命ってこういういたずらもするんですね。

 

ここは是非見て欲しいポイントです。

 

日々の努力とこの試合を観に行ったことが、誠を勝利へと導くのです!

 

運命のいたずらは他にも

付き合うんだか、付き合わないんだか、そのギリギリの所を楽しんでいるような定岡(満島真之介)と四谷(菜々緒)。

 

でも、2人も実は結ばれる運命だったんですね。ゴルフ場に張ってあるポスターに注目です!

 

おまけ:まさかの出演

以前、「嵐にしやがれ」に番宣で亀梨和也さんと山下智久さんが出演した時の事。これから始まる「ボク、運命の人です。」のカウントダウンをする2人の間で一緒にカウントダウンする加藤諒さんの姿がありました。

加藤諒

(引用元:https://twitter.com/)

その姿に、嵐から「出てるの???」と突っ込まれていましたが、まさかここにきて共演することになるとは。これも運命なのでしょうか?!

 

以上、第8話のポイントを紹介しました。「ボク、運命の人です。」を見ていると、毎回ストーリーの構成が素晴らしいなと思わさせられます。最後にちゃんと繋がりますから。

 

そんな第8話も見逃せませんよ!

 

「ボク、運命の人です。」第8話の感想

第8話を視聴した皆さんの感想をピックアップしてみますね♪

感想を見てみると、皆さんそれぞれに自分の萌えポイントがあるみたいですね。

 

毎回、誠(亀梨和也)と神(山下智久)の掛け合いを楽しみにしている人もいれば、晴子(木村文乃)の可愛さに萌え萌えな人、誠のストレートさにキュンキュンしている人などなど、様々な楽しみ方があるようです。

 

第8話は、晴子の父・大地(杉本哲太)が、誠の過去を知り、交際に反対したことから始まりましたね。最大のピンチを迎えますが、誠はなんだかんだ言いながらも実直に関係修復に向けて努力していました。

 

それを取り巻くストーリーも毎回絶妙に面白いですよね。第8話で言うと、定岡(満島真之介)の松岡修造級の熱すぎるトレーナー役や、なぜか仲良くなっている神と定岡のやり取り、などなど、笑えるポイントが満載でした。

 

それに、プロボクサーを目指す役がなぜか加藤諒さん。見た目とのギャップに思わず突っ込みを入れたくなりましたが、そこがまたクスッと笑えるポイントですよね。

 

そんなわけで、第8話は私も楽しませてもらいました♪

 

第8話を見逃がしてしまったら、動画視聴はここ!

「ボク、運命の人です。」第8話を見逃がしてしまった~!と言う方、大丈夫です!「ボク、運命の人です。」は、「Hulu」という動画配信サービスで見逃し配信されています。

 

Huluについて

Huluはアメリカに本拠地を置く動画配信サービスです。日本では日本テレビ系、HBO制作のコンテンツが独占的に配信されています。

 

だから、「ボク、運命の人です。」はHuluなんですね。動画配信サービスが始まったころからある老舗のサービスなので、信頼性はばっちりです。

 

Huluは月額993円(税抜)で、提供されている動画は全て見放題となります。他の動画サービスのように、作品によって課金するという事はありません。これは素晴らしいですね!

 

しかも今登録すると、2週間の無料トライアル期間があるんです。その期間内に視聴し、解約すれば料金はかかりません。

 

解約はいつでもすることが出来、キャンセル料などの費用もかかりません。ですのでこの期間は実質無料で視聴出来ちゃいます!

 

第7話だけでなく、今まで放送され分、全て視聴出来ますよ!しかも登録後すぐに楽しめちゃいます♪

 

登録はこちら↓↓↓から♪
Hulu2週間無料トライアル

 

デイリーモーションやYouTubeはダメなの?

ドラマを見逃がしてしまった時、デイリーモーションやYouTubeのような動画共有サービスで、見逃したドラマを探す方もいるかもしれません。

 

無料で様々な動画を視聴出来るこれらの動画共有サービスは便利ですが、ドラマ動画を視聴するのはおすすめしません

 

なぜなら、アップロードされている動画は違法な動画だからです!

 

たまに著作権侵害で削除されている動画を見かけませんか?ドラマ動画はそれに該当します。アップロードした人はもちろんですが、視聴した人も違法になるので注意が必要です!

 

また、これらの動画共有サービスで動画は問題なく視聴出来たとしても、動画に組み込まれている外部リンクが危険な場合があります。リンクをクリックすることで、ウィルスに感染することもあるんです。

 

なので、これらからパソコンを守るためにも、ドラマは合法で安全な公式の動画配信サービスで視聴しましょう!

 

登録はこちら↓↓↓から♪
Hulu2週間無料トライアル

 

まとめ

「ボク、運命の人です。」第8話の視聴率や感想、見逃し配信についてお伝えしました。

 

信頼回復に努めた第8話ですが、第9話ではいよいよ神の正体が分かるようですね!第9話も見逃せませんね!

 - ボク、運命の人です。