【わろてんか】松坂桃李の演技下手?気になるその演技力は?

   

演技上手?演技下手?

連続テレビ小説「わろてんか」で、大阪船場の老舗米問屋「北村屋」の長男・藤吉を演じる松坂桃李さん。

ヒロイン・てん(葵わかな)と駆け落ちをし、今後2人はどうなっていくのか注目が集まっています。

 

そんな人気実力ともにトップクラスの松坂桃李さんですが、わろてんかの演技がどうなの?という声も挙がっています。

一体その理由は何なのか、松坂桃李さんにせまってみたいと思います。

スポンサーリンク

 

松坂桃李さんって?

ももみさん(@torimomomi)がシェアした投稿

まずは松坂桃李さんのプロフィールを紹介しますね。

松坂桃李さんのプロフィール
生年月日:1988年10月17日
出生地:神奈川県
身長:183㎝
血液型:A型
事務所:トップコート

【主な作品】
《テレビドラマ》
『侍戦隊シンケンジャー』
『梅ちゃん先生』
『軍師官兵衛』
『視覚探偵 日暮旅人』
《映画》
『僕たちは世界を変えることができない。』
『アントキノイノチ』
『ツナグ』
『今日、恋をはじめます』

 

松坂桃李さんは、2008年「チャレンジFBモデル2008オーディション」でグランプリを受賞し、雑誌「FINEBOYS」で専属モデルとして芸能界入りを果たしました。

2009年には「侍戦隊シンケンジャー」で俳優デビューを果たします。

 

華々しく芸能活動をスタートした松坂桃李さんは、演技でも高い評価を得て、数々の賞を受賞しているんです。

例えば

  • 第85回キネマ旬報ベスト・テン新人男優賞(2011年)
  • 第33回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞(2011年)
  • 第25回石原裕次郎新人賞(2012年)
  • 第36回日本アカデミー賞新人俳優賞(2013年)
  • 第22回日本映画批評家大賞主演男優賞(2013年)
  • 第37回エランドール賞新人賞(2013年)
  • 第21回橋田賞新人賞(2013年)
  • おおさかシネマフェスティバル2016助演男優賞(2016年)

など。

コンスタントに受賞されていますし、主演男優賞に助演男優賞を受賞されているなんて、演技の幅の広さが伺えますね。

 

また2018年には、松坂桃李さんと沢尻エリカさんの共演で話題になっている「不能犯」

や、松坂桃李さんが「娼夫」を演じることで話題になっている「娼年」の映画化が決定しています。

「わろてんか」とは違う、松坂桃李さんのセクシーな一面が観られそうですね。

 

「わろてんか」の役どころは?

「わろてんか」ではヒロイン・てんの夫・北村藤吉役を演じます。

藤吉は、大阪船場(せんば)の老舗米問屋「北村屋」の長男です。

家業を継ぐのが嫌で旅芸人一座にまぎれ、芸人を目指していましたが、てんと出会い、てんと結婚をするために船場に戻り家を継ごうと決心をします。

 

それにしても「駆け落ち」というから、どこか2人で遠くへ行くのかと思ったら、藤吉の実家に戻ったんですね。

てんに「一生わらわせてやる」と言った時の藤吉はカッコいいなと思いましたが、米問屋での家業はまだまだ半人前です。

 

貫禄がありすぎて怖い藤吉の母・啄子(鈴木京香)に嫁として認めてもらえるようてんは頑張っているので、藤吉も不甲斐ないと嘆かず、頑張って欲しいなと思う今日この頃です。

そんな2人ですが、これから2人はどんな人生を歩んでいくのか、注目ですね。

スポンサーリンク

 

 

松坂桃李さん演じる藤吉の演技が下手?みなさんの評価は?

数々の賞を受賞し、幅広い役をこなしている松坂桃李さんですが、みなさんはどんな評価をしているのでしょうか。

気になる声をピックアップして紹介しますね。

なんていう声が割とありました。

皆さんの声を見ていて、これって松坂桃李さんの演技がヘタというよりは、藤吉がヘタレだからそう見えるのかなともちょっと思いました。

後は、あれですね、きっと松坂桃李さんの大阪弁が気になる人は、下手に見えてしまうかもしれませんね。

私は、大阪弁の違いは分かりませんが、地元の方言のセリフがあったらその違いは分かりますし、イントネーションが違ったらイライラしてしまうので、この気持ちはわかります。

 

こんなふうな感想を持っている方もいますね。

なかなか鋭いですね。

藤吉って演技が上手く見えずらい役かもしれませんね。

それを踏まえるとどうでしょうか。

松坂桃李さんはソコソコ藤吉を演じきっているとも言えそうです。

 

今はまだヘタレな藤吉ですが、今後の展開によってはたくましく成長していくかもしれません。

今後の展開が見どころですね。

 

まとめ

松坂桃李さんとその演技力にせまってみました。

普段のカッコいい松坂桃李さんとは違って藤吉のヘタレっぷりがギャップになり、演技ヘタという声もありそうでしたね。

大阪弁については磨いてもらうしかないので、今後の藤吉がどうなっていくのか、目が離せません。

スポンサーリンク

 - わろてんか