【東京タラレバ娘】第1話の野球のシーンが「わかる~!」と痛感者続出!

   

ドラマ「東京タラレバ娘」の放送が始まり、第1話から、心がえぐられた~!なんて、話題になっていましたね。

 

アラサーの心に刺さるような名言が多い「東京タラレバ娘」ですが、第1話では野球のシーンにはまった人が多くいたようです。

 

野球のシーンは原作に忠実でしたが、ではその野球のシーンとはどういうシーンだったのでしょうか。振り替えてみたいと思います。

スポンサーリンク

現実を野球に例えた名シーン

早坂(鈴木亮平)さんにときめきを感じた倫子(吉高由里子)は、早坂さんに「私、好きになってもいいですか?」と伝えようとするも・・・早坂さんとマミちゃん(池川恋)が付き合っていることを知ります。

 

それにショックを受けた倫子。「30過ぎた女は自分で立ち上がれ」とKEYに言われた言葉を思い出しますが、倫子はどうやって立ち上がっていいのか分かりません。

 

1人cafeで落ち込む倫子に、香と小雪が励ましにやってきます。そして、そこで自分たちの現状を振り返るのです。

倫子:いつもあんまりイケてないカップルとか家族連れのこと、上から見てたけど、何かみんなすごいよな~って。だって、好きになった人と付き合って結婚とか、奇跡じゃん。

 

:まぁ・・・確かに・・・。

 

倫子:あの金髪男が言ってた通りかも・・・。

 

小雪:えっ?

 

倫子:私たち何かっちゃぁ理由つけて女子会ばかりして、「いい男がいない」「出会いがない」ってグチばっかり言ってたよね。

つまんない男と結婚したよねっって同級生(あゆみ)を哀れんで、合コンとか、婚活に一生懸命な子(ちえちゃん)たちをバカにして。

 

小雪:でも結果あゆみはママになったし、ちえちゃんも結婚した。

 

倫子:それに比べて、私たちはず~っとベンチにいただけ。

 

:ベンチ?

(ここから野球のシーンが登場)

(引用元:http://carpdon4.doorblog.jp/)

スポンサーリンク

倫子:うん。いつも試合には参加しないで、みんな頑張って戦っているのをベンチの中から見物して、偉そうなことばっかり言ってただけ。

そのくせチャンスがあればいつでも行けるって自信満々で。一番おいしい場面でホームランを打てるって信じてた。

 

でも、実際はバッターボックスに立ったはいいけれど・・・

 

審判:ストライク!)

(引用元:東京タラレバ娘(KC KISS))

(↑原作ではこんな感じ)

 

倫子:えっ?かすりもしないで空振り三振。

 

審判:ストライク!バッターアウト!)

 

倫子:ハァ・・・。それが、今日の私。

 

:そっかぁ~。

 

倫子:バカだよねぇ、私。食事に誘われたからって、告白かプロポーズかって勝手に舞い上がって。今度はフラれる彼を大人の余裕でゲット・・・と思って行こうとしたら、もうすでに他の人のものでしたって。

何?このオチ。

 

:ごめん、そもそも私たちがたきつけちゃったから。

 

倫子:ううん、あんたたちのせいじゃないよ。

 

小雪:でもさぁ、倫子は今日ちゃんと自分から告白しようとしたじゃん。

 

:うん。

 

小雪:それって、バッターボックスに立ったってことじゃない?

 

倫子:いやいや、でも空振り三振だったし。

 

:いや結果がどうだろうが立ったってことが、すごいんだって。まずは立たないと。はぁ・・・始まんないんだから。

 

小雪:そうだよね。まだ、ベンチからも出てもいない私たちには、チャンスすらないってこと。

 

:バット振り続けていればいつか当たるのかな~?

 

小雪:かな~?

 

倫子:よしっ、行こう!

 

:んっ?

 

小雪:どこに?

 

💛💛💛💛💛

で、ここからバッティングセンターへと向かい、本物のバッターボックスに立つわけです。

 

原作では、長年恋愛を怠けてた倫子に「お前なんか戦力外通告ダァァァァ」とタラレバに言われてしまうのですが、ドラマではそのくだりはなったですね。

 

けれど、かなり心に突き刺さるシーンですよね!どこか余裕ぶって高みの見物していたけれど、実際それを気づく頃には、そんな場合じゃなくなってる。。。

 

現実を知りたくない人が、このドラマで知ってしまう・・・なんとも恐ろしいドラマです(笑)

 

次回も名言に期待です🎶

>追記
実際の3人は可愛いですね~。ユニフォームも「TARAREBA」のロゴでとってもキュートです🎶

スポンサーリンク

 - 東京タラレバ娘