【僕たちがやりました】見逃した動画第7話をフルで視聴する2つの方法!デイリーモーションはNG!

      2018/01/31

ぼくやり_動画視聴7話

僕たちがやりました」も第7話が放送されましたね!

トビオと蓮子がついに・・・!衝撃的な展開だった第7話。

そんな、第7話を見逃がしてしまった!という方に、安心・安全に第7話をフルで視聴する2つの方法を紹介しますね♪

 

ドラマ「僕たちがやりました」第7話のあらすじ

爆破事件の犯人は、やはりトビオ(窪田正孝)たちでした・・・。

突然のパイセンの告白、そして追い打ちをかけるように刑事・飯室(三浦翔平)からの言葉。

逃れられない罪の意識に苦しむトビオは突然、校舎の屋上から飛び降ります。

まさかトビオが・・・!

そこはトビオ?!運よく骨折だけで奇跡的に命を取り留めました。

 

トビオが運ばれたのは、偶然にも市橋(新田新剣佑)が入院している病院でした。

やけに明るく振舞うトビオに戸惑う市橋。

この振舞いにはトビオなりの決意があったのです。

 

「死んだら、それで償おう。

でももし生きたら、新しい俺を始めよう」

 

罪の意識から逃れるように、トビオは違う自分になっていこうとします。

 

そんなある日、トビオは市橋から蓮子(永野芽郁)への想いを気持ちを打ち明けられます。

自分の気持ちを抑え、2人の恋を応援すると決めたトビオは市橋の背中を押します。

一方、そんなトビオの気持ちを知らない、蓮子はぷつりと連絡が途絶えたことに悶々としていました。

 

いつもの仲間たちはその頃・・・。

伊佐美(間宮祥太朗)は、飯室が言い放った「一生苦しめ」という言葉が重く、罪の意識をあおられ、事件の被害者宅を一軒一軒訪ね、遺影に手を合わせる日々を送っていました。

マル(葉山奨之)は、事件などなかったかのように、クラスメートとカラオケに行くなど、すっかり日常生活を取り戻しています。

 

パイセン(今野浩喜)は、飯室から「お前は父親に愛されていない」と告げられたことがショックで、愛を知らない自分に絶望を感じていました。

父の愛を確かめようと、父・輪島宗十郎(古田新太)に会いに行くため、菜摘(水川あさみ)の元を訪れ、父のことを知ろうとしますが・・・。

 

ドラマ「僕たちがやりました」第7話の見どころ

第7話の見どころを紹介します。

なるべくネタバレにならないようにしますが、事前情報なしで視聴したい場合は、ここは飛ばしちゃて下さいね♪

 

 新しい自分を始めるトビオ

屋上から飛び降りたトビオですが、奇跡的に助かり、市橋と同じ病院に入院することになりました。

死んで償おう、でももし生きたら新しい自分を始めよう、なんて覚悟があったようですが、それにしても飛び降りるなんて・・・。

 

その後のトビオは、まるで何かを隠すかのようにテンション高めで、お調子者へと変わっていきます。

しかもあの市橋の懐にもぐいぐい入っていきます。

市橋はそれを嫌がるのかと思いましたが、まんざらでもない様子で、どんどんトビオと打ち解けていきました。

2人でカ〇○ケなんて行っちゃうんですよ(笑)

市橋はあの爆破事件がトビオ達の仕業ではないと分かったから心を開いてきたのですが、今後どうなるのでしょうか。

 

トビオが新しい自分を作り上げていく様子、そして市橋がそんなトビオに打ち解けていく様子は注目です!

 

でも、トビオって意外と自己中なのかも、そんな事を私は思ってしまいました。

 

それぞれのあの後

トビオが入院している間、マルに伊佐美、パイセンはそれぞれの日々を送っていました。

罪悪感なし!と言い放ったマルはこの中で、一番大物かもしれません。

けれど、そんなマルにも罰が下りました。

その罰とは?

 

伊佐美は、爆破事件で亡くなった矢波高の生徒の元を訪れ、ありもしない思い出話をしながら、仏壇に手を合わせる日々を送っていました。

伊佐美も苦悩しているんだなと思いましたが、とうやら伊佐美の動機はそればかりじゃない様子!!

シリアスなのかギャグなのか?きわどい発言連発の伊佐美から目が離せません!

 

「愛って何?」

飯室に「父親から愛されていない」と言われたことが相当ショックだったパイセンは、父親に会うために情報を聞き出そうと菜摘に会いに行きます。

そしてそこで聞いた菜摘の過去は衝撃的なものでした。

パイセンの父のことを「人の命をお金にかえる」人と言い、今でも恨んでいる様子です。

菜摘の過去に一体何があったのでしょうか。

そして、パイセンは父親に会いに行くことができるのでしょうか。

 

蓮子とトビオ

トビオから連絡がなくても、まっすぐにトビオのことを想う蓮子。

あのひたむきな気持ちを見ていると、トビオは裏では色々やってるよ!!そんなトビオのどこがいいの??なんて余計なおせっかいで教えてあげたくなりますが、それを含めても蓮子は好きなのでしょうね。

 

市橋の蓮子への気持ちを知っているトビオは「応援するよ」なんて言っておきながら、いざ市橋が蓮子に近づくと嫉妬を感じてしまうようです。

 

そんなんなら「応援するよ」なんて言わなきゃいいのにと思ってしまいましたが、やはり人の心は教科書通りにはいきませんね。

 

変わろうと決心し、嘘っぱちの幸せで身を包もうとしていたトビオの前に現れた蓮子。

やっぱり2人は・・・!!!

衝撃的すぎる展開は必見です!!

 

何かと嗅ぎまわっている飯室

あの髪型が闇を感じさせる刑事・飯室。

あの事件は「闇の中」に葬られたかに思えましたが、やはりそうはいきませんね。

まだ飯室は何かを嗅ぎまわっているようです。

 

「まだ大事な役目が残っている」

と言った飯室は一体何をしようとしているのでしょうか。

突然現れる飯室に恐怖すら感じるこれらのシーンは、来週へもつながりそうです。

 

ドラマ「僕たちがやりました」第7話を見逃がしたら

ドラマ「僕たちがやりました」第7話を見逃してしまったら、フジテレビ公式サービス「FOD(フジテレビオンデマンド)」で視聴できます。

※ドラマ終了後、「僕たちがやりました」はFODの見放題対象作品となりました。よってそれに合わせて下記を修正しています。

 

FODには2つの視聴方法があります。

①月額888円(税抜)で対象作品が見放題になるFODプレミアムコースに加入
②観たい作品を個別に購入する月額ポイントコースに加入

「僕たちがやりました」は見放題対象の作品となったので、①が断然おすすめです。

しかし、どちらにせよお金がかかるじゃないか!!と思われた方もいるかもしれません。

ですが、安心してください!

 

今FODでは、FODプレミアムコースにYahooIDで登録すると、月額888円(税抜)が31日間無料になるキャンペーンを行っています。

その期間なら月額の費用がかかることなく無料で視聴出来るんです♪

 

登録は簡単です!

[AD]ここから↓↓申し込むだけです。

 

用意するものはYahooIDとクレジットカード(Yahooウオレットに登録)で、わずか3ステップ(※)で登録可能ですよ!

※3ステップ
(1)YahooIDでログイン
(2)加入する各月額コースを選択(※ここでプレミアムコースを選択)
(3)加入するコースを確認の上、お支払い方法を選択し決済

→完了!すぐに視聴できます

 

FODには他の動画配信サービスではほとんど存在しない、フジテレビの番組が視聴出来ます。

民放各社は大手動画配信サービスと提携して動画提供をしていますが、フジテレビはそれに比べてかなり閉鎖的です。

ですので、FODはフジテレビ作品が視聴できる貴重なサービスなんです。

「僕たちがやりました」以外にFODで今現在人気があるおススメの作品を紹介しておきますね♪

コードブルー1,2,3
セシルのもくろみ
警視庁いきもの係
テラスハウス
ウツボカズラの夢
将棋めし
感情8号線
ファイブ

 

 

デイリーモーションなどをおすすめしない理由

ドラマ動画を楽しみたいと思っている方の中には、デイリーモーションやYouTubeなどの動画共有サービスで探す方もいるかもしれません。

 

ですが、それはちょっと待ってください!!!

デイリーモーションやYouTubeを使用するのに問題がある場合があるんです!

それは・・・その動画共有サービスにアップロードされている違法な動画や危険な外部サイトが組み込まれた動画を視聴する場合です。

 

アップロードされたドラマ動画については、著作権侵害がある違法な動画です!

アプロードするのも視聴するのも違法となります。

よく、「コンテンツ削除完了」などとなっている動画を見かけませんか?

それは著作権侵害として削除された動画です。

 

また、悪意のある外部リンクが埋め込まれている場合があります。

それらをクリックするとウィルスなどに感染する場合があるので、注意が必要です。

 

このように、わざわざ罪や危険を犯して視聴するのはおすすめできません!

安全で公式な動画配信サービスで視聴できますので、そちらをおすすめします!

 

まとめ

「僕たちがやりました」第7話を見逃した時に視聴する方法を紹介しました。

やはり犯人は自分たちだった。

その事実を受けて四者四様の行動をとる第7話も内容の濃い回でした。

そしてトビオと蓮子が・・・!?

ドキドキ&ハラハラでとにかく目が離せない第7話を見逃した方はぜひ動画視聴方法をチェックしてみてくださいね♪

 

[AD]登録はこちら↓↓↓から

 - 僕たちがやりました