イナズマロックフェス2018は台風や豪雨の場合は中止になる?チケットはどうなる?

   

イナズマロックフェス2018も開催が決定しました。

日本最大級の野外ロック・フェスティバルなだけに、否が応でも注目されますよね。

 

今年も9月の中旬(22、23、24日)に開催されるということで、気になるのはやっぱり天候です!

台風やゲリラ豪雨などなど、心配事はたくさん。

雨だったらどうなるのか、中止になった場合のチケット代は?などなど、調べてみたので紹介しますね!

スポンサーリンク

 

イナズマロックフェス2018は台風や雨の場合は中止になるの?

Rieさん(@u.riep)がシェアした投稿

今年2018年は、イナズマロックフェスが開催されてから10年目なんですね。

記念すべき10周年ということで、主催者側の気合も入っているようです。

 

けれど、主催者側の気持ちだけではどうしようもないのが「天候」。

晴れることを願うばかりですが、雨になった場合はどうなるのでしょうか。

 

ホームページの情報によると

本フェスは、雨天決行(荒天の場合は中止)です。

途中終了の場合、払い戻しはいたしません。

中止・延期に伴う、会場までの旅費等(キャンセル料含)の補償は一切いたしません。

(引用元:https://inazumarock.com/2018/)

となっています。

 

基本は「雨天決行」のようですね!

けれど気になるのが「荒天の場合は中止」という注意書き。

では、「荒天」ってどの程度なのでしょうか。

実は2016年、2017年と「荒天」によって、途中中止、公演中止という事態になっているんです。

 

2016年 途中中止

2016年2日目、雷雨により途中中止が決定されました。

その時の公式ホームページの案内はこちらです。

「イナズマロック フェス 2016」へのご支援ありがとうございます。
本日、「イナズマロック フェス 2016」の2日目を予定通り開催いたしましたが、会場周辺10キロ圏内での落雷を確認いたしました。その結果コンサートを一時中断、その後も90分以上状況が継続するという予報を受け、17時15分の段階で、お客様の安全を第一に考慮し、やむを得ず中止を決定いたしました。

(引用元:http://inazumarock.com/2016/news/678)

 

イナズマロックフェスで「雷発生」という笑えない状況ですが、これからラスト~という所だったのですごく残念だったと思います。

 

2017年 公演中止

さらに2017年は台風接近により公演中止という事態に。

こちらが公式ホームページの案内です。

9/17(日)に開催を予定しておりました「イナズマロック フェス 2017 (2日目)」は、台風18号の影響により、大変残念ではございますがお客様の安全を最優先に考え、中止とさせていただくことになりました。

また2日目ですが、2日目は鬼門なのでしょうか。。。

 

過去「荒天」で中止になったのは、2016年、2017年の2回のみです。

ここ最近ですね。

確かに、最近はゲリラ豪雨が増えましたし、2018年も心配ですね。

 

そして、気になるのが途中中止、公演中止となった場合のチケットの払い戻しですよね。

 

イナズマロックフェスが中止になった場合のチケットはどうなる?

スポンサーリンク

 

ホームページの注意書きにもありましたが、基本的には「途中終了の場合には払い戻しされません」。

では、過去中止になった場合はどうだったのでしょうか。

 

2016年 途中中止の場合

途中中止でしたので、チケットの払い戻しはありませんでした。

ですが!

2017年9月15日(金)に「イナズマロックフェス2016 リターンズ」が開催されたんです!

対象者は途中中止となった2016年9月18日(日)のチケット購入者でした。

各プレイガイドから登録された連絡先に案内があったようですね。

9月15日は、イナズマロックフェス2017公演日の前々日でした。

特別待遇ということで夢のような時間だったのではないでしょうか。

 

主催者である西川貴教さんは、中止となった当日も最後まで送迎バスを見送ったりされていたようですが、まさに神対応ですね!!!

 

2017年 公演中止の場合

公演中止でしたので、チケットの払い戻しが行われました。

公式ホームページで

コンサートチケット/シャトルバスチケットの払い戻し方法については、オフィシャルHPにて、9/20(水)AM10:00以降にご案内させていただく予定です。

払い戻しにはチケットが必要ですので大切に保管ください。

という案内があり、後日、それぞれの購入先によって詳細な払戻し方法が記載されていましたよ。

 

ルールとしては、途中中止は払い戻しなし、公演中止は払い戻しありということですね。

 

9月の滋賀の天候は?

ここ最近増えてきたゲリラ豪雨。

2016、2017と天候によってフェスが中止されてしまっていますが、実際に9月の天気の兆候はどうなのでしょうか。

 

イナズマロックフェスが開催される場所は滋賀県草津市の鳥丸半島芝生広場。

2016年9月に台風が滋賀県に接近したのは1回だけでした。

フェスが行われる3日前の9月13日でした。

2017年9月も1回だけだったようですね。

 

ですが、ゲリラ豪雨は年々増えています。

2016年に滋賀県に発生したゲリラ豪雨は84回でしたが、2017年は約1.5倍の134回と予報されていました。

2018年の予報はこれからだと思いますが、恐らく昨年と同等くらいにはなるのではないでしょうか。

すると、今年もちょっと心配ですね。

 

だからか、ホームページでは「雷注意報発令時・集中豪雨時の対応に関して」という注意喚起があります。

その中には

会場周辺地域に雷注意報が発令され、会場に雷雲の接近が予想される場合は、安全確保を第一とし、公演を一時中断もしくは中止いたします。

~略~

雷神ステージの客席エリアは避雷針により保護しております。

公演中断の際には客席エリア(=保護エリア)から動かず、その場でしゃがんで身を低くし、雷雲が通過するのをお待ちください。

集中豪雨等により避難が必要だと判断した場合は係員が誘導いたしますので、慌てず、ゆっくりと係員の指示に従ってください。

客席エリア周辺の木陰は落雷の恐れがあり大変危険ですので、絶対に木の下には避難しないでください

雷雲が通過し、落雷の危険性が無くなったことが確認でき次第、ステージ再開の準備をいたします。

と。

会場内には避雷針も設置され、安全は考えられているようですが、公演中断時はこのような姿勢をとることが推奨されているので、紹介しておきますね。

(引用元:https://inazumarock.com/2018/)

 

 

そして、天気予報は要チェックですね!

>>滋賀県草津市の天気

 

 

まとめ

イナズマロックフェス2018で台風や雨の場合にはどうなる?について紹介しました。

まとめると

  • 基本は雨天決行。台風や雷雨など危険を伴う荒天と判断されたら中止
  • チケットは途中中止の場合は払い戻しなし、公演中止の場合は払い戻しあり
  • 台風の通過は少ないけれど、ゲリラ豪雨は年々増加している

ここのところ続けて中止になっているので、2018年は天気に恵まれてほしいですね!

スポンサーリンク

 

 - イベント