夫のちんぽが入らないのあらすじやキャスト主題歌は?放送日はいつなの?

   

夫のちんぽが入らない」…このタイトルだけ見ると、なかなか家族では見れなそうですよね!

原作の小説が発表された時も、あまりにも過激で衝撃的なタイトルだけに、朝日新聞の広告で「※書名は書店でお確かめください」と、タイトルがないと話題になったくらいなのです。

確かに、書店で「夫のちんぽが入らないありますか?」って聞くのは男でも躊躇しそう(笑)

この話題作「夫のちんぽが入らない」がなんとドラマ化すると話題になっています。

ドラマ化する勇気ある?局はフジテレビ。

果たして、「夫のちんぽが入らない」はどんなドラマになるのでしょうか?

さっそく紹介していきます!

スポンサーリンク

 

「夫のちんぽが入らない」の主なキャスト

引用元(https://www.cinra.net/news/20180701-ottohairanai)

 

夫のちんぽが入らないキャスト情報

引用元(https://www.cinra.net/news/gallery/145024/4)

 

夫のちんぽが入らないのキャストには、

  • 中村蒼さん
  • 石橋菜津美さん

のW主演でドラマ化されます。

お二人ともフレッシュなメンバーの主演ですね!

簡単にお二人のプロフィールを。

 

中村蒼

中村蒼(1991年3月4日(27歳)、福岡県福岡市出身)

【主な作品】

  • ドラマ(花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011)
  • ドラマ(Q.E.D. 証明終了)
  • ドラマ(せいせいするほど、愛してる)
  • 映画(行け!男子高校演劇部)
  • 映画(潔く柔く)
  • 映画(東京難民)など

 

他にも数多くの映画、ドラマ、舞台に出演しており、かなりキャリアを積んでいますね。

個人的には、東京難民がすごく衝撃作で印象に残っています。

 

石橋菜津美

石橋菜津美(1992年6月25日(26歳)、東京都出身)

【主な作品】

  • ドラマ(メイちゃんの執事)
  • ドラマ(仮面ライダーフォーゼ)
  • ドラマ(空飛ぶ広報室)
  • ドラマ(トットちゃん)
  • 映画(図書館戦争-THE LAST MISSION-)

など。

子役時代から活躍されている20代ながら経歴は長い女優さんで、今では資生堂のcm「エリクシールルフレおしろいミルク」でも見る機会が増えています。

清潔感のある女優さんで、この作品へは挑戦ではないでしょうか?

 

「夫のちんぽが入らない」あらすじ

スポンサーリンク

北海道でのびのびと生まれ育った久美子(石橋奈津美)は、東北の大学進学をきっかけに研一(中村蒼)に出会ってすぐ意気投合、二人は交際を始めます。

そんな二人は関係を深めていき、自然なうちにプロポーズ、結婚までたどり着きます。プレビュー (新しいウィンドウで開きます)

世間からなんら変哲もない幸せムード満点の二人なのですが、実は二人には絶対に隠さないといけない秘密があったのです。

久美子には夫のちんぽが入らないのだ。

久美子は、その頃受け持っていた学校でのクラスが荒れていたこともあり、心身共に疲れ、余計に疲弊をしていきます。

実母からは、「うちの子の身体が弱いために、お宅の跡継ぎを産んであげることができず、本当に申し訳ありません。うちの子は、とんだ欠陥商品でして。貧乏くじを引かせてしまい、なんとお詫びをしてよいか…」なんて言われる始末。

子どもは欲しいけど入らないのだからできるわけがない。

そして、最後には想像以上に感動が待ち受けているのです!!!

 

「夫のちんぽが入らない」主題歌や放送日は?

夫のちんぽの放送は、2019年、FOD、Netflexでの配信は決定していますが、まだ放送日は決まっていません。

地上波でこのタイトル出せるのかな?内容は考えさせられる内容ですし、面白いですけど、少なくともゴールデンタイムには無理ですよね。

まだ1年近く先ということもあり、主題歌は決まっていませんが、ceroがこの夫のちんぽが入らないの小説を読んでインスパイヤした曲が「Orphansなのです

雰囲気もあっていますし、主題歌に起用される可能性があるのではないでしょうか。

 

夫のちんぽが入らない原作はどうなる?

原作は、2014年の同人誌イベントで発表されて人気を博し、2017年1月18日に出版されたこだまの自伝的作品。

口コミから徐々に話題となり、大ヒット作となりました。

結婚している夫婦はセックスするのが当たり前、妻は子どもを産むのが当たり前…。

世間でなんとなくできあがっている当たり前のイメージに苦しみながら生きている一人の女性を通じて、夫婦の形は、夫婦の数だけ存在していることが分かる、タイトルだけからは想像できないほど最後には涙で溢れる展開となっています。

なかなかタブーとなっている夫婦の性生活についてどこまで放送できるのか、楽しみですね。

スポンサーリンク

 - ドラマ、テレビ