高嶺の花のロケ地で高級マンションや橋や対決した場所はどこ?[8話]

   

ロケ地

とうとう前話で実母(戸田菜穂)の正体が分かってしまったなな(芳根京子)。

演技力には定評がある芳根京子さんだけに、その豹変ぶりに注目です。主役のもも(石原さとみ)を食うほどの妙演を期待したいですね。

高嶺の花8話のロケ地情報をお届けします。

スポンサーリンク

 

「高嶺の花」第8話のロケ地・撮影場所情報

ももが兵馬の生け花に見入った場所

引用元(http://www.studio-pia.com/studio/tatsumi.html)

 

高嶺の花のロケ地で高級料亭や食堂の場所はどこ?図書館やレストランの場所も![7話]

京都の家元である兵馬(大貫勇輔)の見事な生け花にもも(石原さとみ)が見入っていた場所。

あの場所は貸しスタジオ、STUDIOピアにあるPia34 辰巳です。

モデルハウスのようなスタイリッシュスペースで、テラスハウスとか撮っていそうな感じがします。

よくドラマのロケ地で使われている場所ですね。

 

ももとななが対決する俎上が行われたところ

引用元(http://www.nakano-kanko.com/kiji/245/)

 

もも(石原さとみ)となな(芳根京子)がとうとう俎上が行われる会場。

こんな高貴な会場、一生足を踏み入れる機会がなさそうですよね。

この会場は、東京・中野区にある「梅若能楽学院会館」です。

これまで純白でTHEお嬢さんだったなな(芳根京子)、ダークな一面を出した今、生け花にも変化が出るのでしょうか?

 

宗太が画を描いていたのどかな橋

引用元(https://www.city.shimada.shizuoka.jp/kairyo/houraibasi.html)

全国自転車の旅を続ける宗太(舘秀々輝)が画を描いていたのどかな橋。直前に茶畑が映っていましたが、

案の定、あの橋は静岡県島田市の大井川にかかる「蓬莱橋」付近です。

最終回には宗太のエンディングが想像できなくて、ちょっと楽しみです。

スポンサーリンク

千秋が直人とななを乗せて車で走った道路

引用元(https://of-tokyo.jp/building/%E9%BB%92%E9%BE%8D%E8%8A%9D%E5%85%AC%E5%9C%92%E3%83%93%E3%83%AB/3497/)

 

千秋(香里奈)が直人(峯田和伸)となな(芳根京子)を乗せて、もも(石原さとみ)がいる兵馬(大貫勇輔)のところに向かった道路。

この道路は東京・芝公園付近の日比谷通りです。

夜になると、嫌でも東京タワーが視線に入ってくる東京の代名詞的なところですね。

 

ももを高井に預けた高級マンションのエントランス

「住友不動産六本木グランドタワー」の画像検索結果

引用元(http://office.sumitomo-rd.co.jp/building/detail/minato/roppongi_3)

 

 

もも(石原さとみ)を救い出し、下で待つ高井(升毅)に預けたぷーさんこと直人(峯田和伸)。

流れ的に、兵馬の住むマンションのエントランスということでしょうね。

予想通りの超高級マンション。

この高級マンションのエントランスは、住友不動産六本木グランドタワーです。

六本木のタワーマンション!いったいいくらするのでしょうか?

 

まとめ

【アンナチュラル】石原さとみのネックレスやピアスのブランドは?

高嶺の花8話のロケ地情報をお届けしました。いかがでしたでしょうか?

それにしても、前話では地方の病院まで行った千秋(香里奈)ですが、今回も…。

千秋は困っている人を見るとほっとけない性分なのでしょうか?

ますますぷーさん(峯田和伸)と結ばれて欲しいですね。

スポンサーリンク

 - 高嶺の花