マツコの若い頃の写真は痩せててかっこいい?いつからテレビに出ているの?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
dorameisterMai

テレビで観ない日がないくらいご活躍されているマツコさん!

恰幅のよい体型に確立されたキャラは、もはや大御所感を感じさせますよね。

そんなマツコさんですが、若い頃ってどんなだったか気になりますよね。

そこからどのようにチェンジしてテレビ出演をしていったのか、気になって調べてみたので紹介しますね!

スポンサーリンク

 

マツコの若い頃の写真は痩せててかっこいい?

マツコさんが完全女装するようになったのは、高校3年生の頃からだそうです。

それまでは、性別としての女性になりたいわけでもなければ、男性の身体でいることが苦痛なわけでもない、けれど女装はしたいという感じだったそう。

そんな気持ちに悶々としていましたが、それが「なるようになれ!」と思い、そこから服飾やメイクに興味を持っていきます。

 

マツコの若い頃の写真のあれこれ!

今みたいなふくよかな感じはなく、今と比べると痩せていて男前ですね!

ヒゲが印象を随分変えていますが、面影があります。

 

こちらの方が先程の写真より若そうですが(恐らく高校生のころ?)、今のマツコさんそっくり!

そっくりといっても同じ人なのだから当たり前といえば当たり前なのですが(笑)。

笑顔が素敵でかっこいいというより、可愛らしく愛嬌がありますね!

 

こちらは少し大人になった頃だと思いますが、マツコさんのまんま。

姿は男前なのですが、仕草が今のマツコさんですね!

 

比較画像もありましたが、男性の顔も全く違和感ないですね。

やはりぽっちゃりな写真はかっこいいというよりかわいらしいです!

 

マツコはいつからテレビに出ているの?

スポンサーリンク

若い頃もマツコさんそのもので安心?!しましたが、そのマツコさんはいつからテレビに出ているのでしょうか?

テレビにでるきっかけを調べてみました。

 

女装に目覚めた高校生3年生

先程も書きましたが、マツコさんが女性になりたいとも男性の身体が嫌でもなかったけれど、女装はしたいという複雑な心を開放して、服飾やメイクに目覚めたのは高校3年生の時。

それからは、田町駅前のコンビニのトイレで着替え、メイクをしては、倉庫街の「芝浦GOLD」というクラブ通いをしていたそうです。

 

編集者からひきこもりへ

その後、高校を卒業してから、美容学校に通ったマツコさん。

美容学校を卒業後は、ゲイ雑誌「Badi」の編集部でアルバイトを始め、後に編集者になります。

しかし、人間関係がうまくいかずに5年で退社し、2年余引きこもりの生活を送られたそうです。

 

中村うさぎさんとの出会い⇒コラムニストから徐々にメディアへ

そんなころ、「Badi」で編集者としての活躍を知っていた小説家の中村うさぎさんから、ご自身がホストを務める対談集「人生張ってます」のゲストに呼ばれ、「あんなたは書くべき人間だ」と言われたことをきっかけに、コラムニストとしてデビューを果たします。

2000年ころからスリーサイズ全て180cm、体重140kgの巨漢と、女装家というユニークなスタイルでタレント活動とコラム活動を開始するのです。

 

テレビの初出演は2000年の「エブナイ」

テレビの初出演は、フジテレビ「ワンナイR&R」の前進「エブナイ」でした。

初のレギュラー番組は、TOKYO MXテレビで2005年に放送を開始した夕方の情報番組「5時に夢中!」でした。

プロレスラーの高山善廣さんの代役として急遽起用されたのがきっかけで、ミッツ・マングローブさんからマツコさんのことを聞いていた徳光和夫さんの推薦だったそうです!

しかも出演したその回がスタッフに好評だったため、後にレギュラーコメンテーターになったそうですよ。

確かに、マツコさんの番組を観ているとマツコさんのトークスキルは高いですものね。

あのインパクトですし、1回きりではもったいないという感じだったのでしょうか。

 

ブレイクしたきっかけはガキ使?ホンマでっかTV?

こうして徐々にメディアへの露出も増えていったマツコさんですが、ブレイクしたきっかけは何だったでしょうか。

1つは年末の風物詩とも言われる存在になっている、ガキの使いやあらへんでの笑ってはいけないシリーズのワンコーナーです。

マツコさんに対しての500の質問コーナーがあったのですが、それではないかと言われています。

もう一方では、2010年の「ホンマでっか!?TV」の出演とも言われています。

 

ダウンタウンと明石家さんまさんと、どちらも大御所の人気番組ですね!

注目される番組だけに、そこに出演されたマツコさんのキャラに釘付けになったのではないでしょうか。

 

個人的には笑ってはいけないでマツコさんが扮した小林亜星さんには笑わせていただきました(笑)

 

まとめ

マツコ・デラックスさんの若い頃の姿はかっこよくもあり、可愛くもありましたね。

そしてマツコさんがテレビに出演されたきっかけも紹介しました。

テレビでヅケヅケものを言われる様子から、昔は引きこもりだったなんて思えませんね。

今後のご活躍も期待したいです!

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
dorameisterMai

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.