【屋根裏の恋人】第2話の視聴率&感想と第3話のあらすじ♪

   

オトナの土ドラというだけあって、「恋愛」が一つのキーワードとなっている「屋根裏の恋人」。第2話を終了して、早くもこの展開から目が離せません。

 

主演の石田ひかりさんは2003年1月の「かるたクイーン」以来、14年ぶりの連続ドラマ主演作だそうですよ。姉の石田ゆり子さんも最近よくテレビで見かけるようになり、石田姉妹の人気も盛り上がってきたようですね。

 

それでは、「屋根裏の恋人」第2話の視聴率や感想、第3話のあらすじなどを紹介しますね♪

スポンサーリンク

「屋根裏の恋人」第2話の視聴率

第2話の視聴率は3.4%でした。

 

第1話の視聴率が3.2%でしたので、0.2%上昇ですね。

 

前クールの犯罪症候群が平均3.7%でしたので、それと比べるとやや低いですが、まだ2回ですしね。これから徐々に盛り上がってくるかもしれませんね。

 

そして、過去の土ドラの平均視聴率

 

火の粉:平均4.4%(全9話)
朝が来る:平均3.6%(全8話)
ノンママ白書:平均3.2%(全7話)
とげ:平均2.8%(全8話)
真昼の悪魔:平均3.4%(全8話)

 

です。深夜なので視聴率は低めですが、「屋根裏の恋人」がどのように推移していくのかドラマの内容とともに楽しみですね。

 

「屋根裏の恋人」第2話のあらすじ

感想の前に、第2話のあらすじを見てみましょう。

18年前、自分に乱暴した男が殺されたことを知り、動揺する衣香(石田ひかり)。しかも男は衣香の載った雑誌の切り抜きを持っていたという。当時彼女を助けてくれた元恋人・瀬野(今井翼)が突然現れたのは果たして偶然なのか?

 

西條家の屋根裏に棲みついた瀬野は、西條家の様子を覗き見しつつ、しばしば降りてきては衣香の前に現れた。衣香はそんな状況に、今までの満たされない想いを抱えた生活とは何かが違う高揚感のようなものを感じていた。

 

一方夫の誠(勝村政信)が、誕生日のお祝いを反故にした罪滅ぼしに外食に誘ってくれた。家族揃ってのお祝いと、これからはもっと家族との時間を大切にするという誠の言葉から家族の大切さを再認識した衣香は、屋根裏に上がり、瀬野に出て行くよう諭す。

 

すると瀬野は、そんなに家族が大切なら見なきゃならないモノがあると言い…。

 

瀬野に渡された一枚のショップカードを手に、ある店に行った衣香は、帆花(大友花恋)がセクシーなドレスを着て働いているのを見て愕然とする。帆花は愛する恋人の夢を支えるためにキャバクラで働いていると話し、本気で人を愛したことがないママには私の気持ちがわからないと反発した。

 

帆花のことを誠には話せず、結局、瀬野に相談する衣香。瀬野は衣香の頼みなら何でもすると、ある行動に出る。

 

そして、娘の本気で人を愛する姿を目の当たりにした衣香は、18年間心の奥底に閉じ込めていたある願いを思い出す―――

(引用元:http://tokai-tv.com/yanekoi/story/02.html)

スポンサーリンク

「屋根裏の恋人」第2話の感想

皆の感想

「屋根裏の恋人」第2話を視聴した皆さんの感想をピックアップしてみますね♪

皆さんの感想を読んでいると、「あなそれ」にはまった人は、この「屋根裏の恋人」にも期待しているような感じがします。

 

そして、面白いという感想もありましたが、突っ込みどころも満載のようで、翼君がセロリも食パンも丸かじりしていたとか、そんなディテールに突っ込んでいる人もいましたよ。

 

私の感想

私の感想も少し述べてみたいと思います。

 

屋根裏に人が住んでいたら普通気づくでしょ、とか、食べ物やトイレはどうしているの?とか、私も突っ込みたくなるところ満載でしたが、それ以上に、衣香(石田ひかり)の心の変化が気になりました。

 

突然現れた昔の恋人に、自分が心の奥底に隠してきた気持ちを掘り起こされ、それに抵抗しつつもあらがえなくなっていく様子が何とも言えません。

 

娘に「ママは不感症でしょ」なんて衝撃的な事を言われても、平気な様子を見せていた衣香でしたが、恋にまっすぐな娘に嫉妬を感じたり、心が揺さぶられるのを避けていた衣香が、そんな自分の心の変化に素直になろうとしていましたよね。

 

元々抑えていた欲求が解放された時、衣香は一体どうなっていくのでしょうか。

 

一方、瀬野(今井翼)は何のために衣香の元を訪れたのでしょうか。衣香を襲った犯人・井沢が殺されたこととは何か関係があるのでしょうか。瀬野の存在は謎だらけで、展開が見えなくてハラハラします。

 

第3話では、殺された井沢と瀬野の関係が分かるようですね。

 

それにしても、翼君は相当鍛えてそうな体つきですよね(笑)。屋根裏で光に当たる翼君の身体がセクシーですもの。

 

これからドロドロしそうな予感がする「屋根裏の恋人」から目が離せなくなりそうです。

 

「屋根裏の恋人」第3話のあらすじ

(引用元:http://tokai-tv.com/yanekoi/story/)

 

帆花(大友花恋)の恋人への一途な想いが、衣香(石田ひかり)が心の奥底に閉じ込めていた気持ちを思い出させました。瀬野(今井翼)に「地獄に落ちる覚悟はあるのか?」と問われると、答えに困る衣香。

 

実は衣香の母親は5歳の時に愛人と駆け落ちしていて、その時の苦しみを自分の子どもにも与えてしまう事になると思いとどまるのです。

 

そんな時、勇人(髙橋楓翔)の手のあざを見た千鶴子(高畑淳子)が衣香に虐待をしていないかと聞くのです。実は、勇人はいじめにあっていたのでした。

 

夫・誠(勝村政信)にも相談してみるも、よくある男の子の世界だからと言って相手にしてくれません。

 

結局、勇人を助けたのは瀬野でした。そんな瀬野に感謝をしながらも、やはり母親として生きていくことを伝えると、瀬野は衣香の前から姿を消すのです。

 

そんな中、再度、刑事が衣香を訪れます。そこで、衣香を襲った過去を持ち、最近殺された井沢と瀬野の関係を聞くのです。瀬野が18年前に消えた真相を知った衣香は、想いを抑えきれず、瀬野の行方を追って家を飛び出し・・・。

 

かなり気になる展開ですね!恋愛に生きる女を軽蔑していた衣香が、自分の気持ちを抑えきれなくなり飛び出すなんて。これは必見ですね♪

 

まとめ

「屋根裏の恋人」第2話の視聴率と感想、第3話のあらすじを紹介しました。

 

あれだけ恋愛に生きる女を軽蔑していた衣香が、瀬野が現れたことによって解き放たれそうですね。第3話の展開も待ち遠しいです♪

スポンサーリンク

 - 屋根裏の恋人