コードブルーの藍沢の過去が壮絶!母親の死因は何?

   

この夏に第3シリーズまで続いたドラマ「コードブルー」の映画が公開されます。

主人公である藍沢耕作は、いつでも冷静に対応し、野心家なイメージですが、でも藍沢には壮絶な過去があるんです。

藍沢の過去、両親、おばあちゃんとの関係はどうだったんでしょか?

藍沢の過去に迫ってみたいと思います!

スポンサーリンク

 

コードブルーの藍沢の過去!母親の死因は何?

Erika_Hikari_⭐さん(@i_am_fuuuka)がシェアした投稿

コードブルーで冴島はるかの元彼氏役の俳優は誰?病気で亡くなった辛い過去とは?

両親は藍沢が子どもの頃に離婚し、母親に引き取られた後、すぐに母親が亡くなってしまいました。

おばあちゃんからは自分の母・夏美が事故で亡くなったと聞いて育ちました。

父・誠次からは、母・夏美はマンションの給水塔で雲を眺めるのが好きで、古い柵が壊れてしまって間違って落下したとう事故で亡くなったと聞かされます。

 

しかし、第2シリーズの6話の最後に、父・誠次が白石に、母・夏美が父・誠次に向けて書いた手紙を藍沢に渡してほしいと託します。

内容は優秀な研究者であった夏美が子供ができたことに悩んでいたというものでした。

 

藍沢は、父・誠次に真相を聞きに行くと、母・夏美が出産した際に弛緩出血が原因で子宮を摘出して子供を埋めない体になり、藍沢のことを産むかどうか悩んだバチがあたったからだと自分を責めてしまったことで、精神的な病に犯され、自殺してしまったとのことでした。

このことを聞いて、藍沢は母は自分のせいで亡くなってしまった・・・と言っていましたね。

それを聞いてすごく切なかったです。

 

コードブルーの藍沢の過去!父親との関係は?

スポンサーリンク

 

藍沢はおばあちゃんから、父親も亡くなったと聞かされて育ちました。

しかし、コードブルーの第2シリーズでは、父が亡くなっておらず、生きていることが明らかになりました。

 

第2シリーズの1話から、藍沢の父・誠次は登場していますが、おばあちゃんを訪れてくる謎の男として藍沢を含め、病院関係者は、藍沢の父とは知りませんでした。

 

藍沢が自分の父親であると知るのは4話でした。

母・夏美が藍沢を授かったころ、誠次は落ちこぼれの研究者で妻の方が才能があることに、嫉妬していたことが明かされます。

 

藍沢の父親を演じていたのはリリー・フランキーさんでしたが、リリーさんが持つ雰囲気がなんとなく藍沢の父親のイメージにマッチしていましたよね。

 

コードブルーの藍沢の過去!おばあちゃんは認知症?その後は?

コードブルーで緋山列車事故は何話?後遺症があったその胸の傷が気になる!

藍沢のおばあちゃんの名前は藍沢絹江。

第1シリーズの5話から登場し、藍沢が6歳のころから両親のいない藍沢を一人で育ててきました

 

買い物中に転倒し、大腿部骨折で翔北に救急搬送されました。

お見舞いに訪れた藍沢の事を思い出せなくなっており、転倒のショックが原因で認知症の症状が出ているとの診断を受けるのです。

 

入院中は、小銭を誤飲したり、取り上げられた財布を必死に捜しまわるなどのせん妄がひどくなり、一時はベッドにベルトで押さえつけられしまうこともありました。

初めは、藍沢絹江の担当は白石でしたが、黒田が「身内に世話になるのが認知症改善には効果的」との理由で、藍沢に担当変更します。

 

新春スペシャルでは、リハビリや精神的ケアによって、症状が改善し、藍沢の事を思い出すことができました。

退院後は特別養護老人ホーム「青雲の里」に入居しました。

 

第2シリーズでは、肺炎を起こし翔北に救急搬送されています。

入院中に絹江は「殺した。お前が夏美を殺した。」といううわごとを言ってしまうのですが、これがきっかけで、藍沢が親の真相を知ろうと思うことになりました。

8話で退院し、最終回で藍沢と一緒に藍沢の母・夏美の墓参りに訪れていましたね。

 

藍沢とおばあちゃんで思い出すシーンがやっぱりあのシーンです。

おばあちゃんが「耕作におかしをいっぱいかってあげなきゃ」って言って、病院の売店のお菓子を無我夢中で掴み取ろうとするシーンです。

そんなおばあちゃんを優しく抱きしめる藍沢。

藍沢の優しさがたまりません!!!

 

まとめ

いかがでしょうか?

なかなか壮絶な過去ですよね。

でも?だからこそ?クールで野心家の藍沢。

それでいて、おばあちゃんの登場で涙を見せたり、おばあちゃんを大切にしている優しさも持っているから、そこもまた魅力ですね!

スポンサーリンク

 

 - コードブルー3rd