コードブルー映画で花嫁の最後はどうなった?未知は死んだのかネタバレ!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
dorameisterMai

劇場版コードブルーはいくつものストーリーが重なりあい、「詰め込みすぎ」なんて言われていました(笑)が、その中でも未知と彰生のストーリーはとても印象に残るものでした。

重い病を抱えながら念願のウェディングドレスを纏うことになった未知。

その最後は一体どうなっていくのでしょうか?

気になるそのストーリーをネタバレしていきます!

スポンサーリンク

 

コードブルー映画で花嫁の最後はどうなった?未知は死んだのかネタバレ!

この投稿をInstagramで見る

凛(@rin_cham15)がシェアした投稿

未知と彰生のストーリーは涙なしには見られません!

未知の病気はスキルス性胃がん

乗った飛行機が乱気流に巻き込まれ、多くの人が負傷した飛行機から藍沢の手によって担ぎ出されたのが未知(山谷花純)でした。

外傷は全治8週間ほどのものでしたが、実はその体はスキルス胃がんに侵され、余命は数週間。

 

この飛行機は最後の旅行に行くために登場したものでしたが、引き返すことになってしまい、「最後の旅行にも行かせてもらえない」とそんな人生を嘆く未知が印象的でしたね。

それでも、自分の力で出来ることをして生きている実感をしたいと言っていた未知は、自分の運命を受け入れながらも前を向いている強い女性だなと思いました。

コードブルー映画で真剣佑の花嫁役(患者)は誰?坊主頭は本物で演技の評判は?

 

逃げ出した恋人:岩田彰生(真剣佑)への想い

そんな未知には婚約者がいました。

ですが、その婚約者は未知が病気なのを知ると、未知の前から逃げてしまっていたのです。

その婚約者は岩田彰生

真剣佑さんが演じられていましたね。

 

自分の元を去ったと思っていた彰生が再び未知の前に現れました。

未知の前から去ってしまったことを後悔していること、そしてやっぱり結婚しようという言葉を伝えに・・・。

 

そんな彰生に冷たくしてしまった未知でしたが、その思いは複雑でした。

来てくれたことはとっても嬉しかった、、、どうしたらいいと思う?とそこにいた緋山に話し出すのです。

忘れられるのはいや、でも私のことを引きずって彼が悲しみの中で生きるのはもっといや

と。

 

すると緋山はある女性のことを話し始めました。

そうです、冴島のことです。

冴島は大切な恋人を病気で失い、悲しみを乗り越え、今は新しい人生を歩み始めています。

コードブルーで冴島はるかの元彼氏役の俳優は誰?病気で亡くなった辛い過去とは?

 

遠くから冴島に視線を送り、緋山は話します。

 

(冴島は)何1つ彼のことを忘れていないし、不幸でもない。

それは彼女が最後まで彼と向き合い、亡くなった彼も彼女にきちんと思いを伝えたからだと思います。

そういう時間を2人が過ごしたからだと思います。

あなたに残された時間は少ない。

でも、今をどう生きるかは選ぶことができます。

 

と。

これを聞いた未知は心を動かされました。

残された時間を彰生と過ごすことに決めたのです。

そして、結婚式を挙げる決意もしました。

ただし、1ヶ月後・・・。

「1ヶ月持つといいね。。。」

と、ぼっそり言った緋山の言葉が観ている私たちに重く刺さります。

 

2人の間には穏やかな空気が流れ、まるでこの時が永遠に続いていくようでした。

ですがそんな時、未知が吐血して倒れてしまいます。

たくさんの血が流れ、思わず目を覆ってしまいそう・・・

 

一命ととりとめ、未知はもう結婚式を諦めたかのように、彼との思い出を冴島、緋山、白石がいる前で話し始めるのです。

その話は、未知のことを大切に思っていることが分かる彰生とのエピソードでした。

もう十分。私は十分幸せだった

そう言いながら、涙を流す未知。

そんな未知の様子を見て、しんみりする3人でしたが、緋山の「やらなきゃいけない結婚式もあるのよ」と言った言葉に冴島が「そうよね」と、何かを決心したかのようにつぶやきます。

すると・・・

スポンサーリンク

 

念願の花嫁へ、そして最後は・・・

ウエディングドレスを纏った未知。

冴島(と藤川)のおかげで結婚式を挙げることができたのです。

冴島は1週間後に控えていた藤川との結婚式の会場を未知たちに譲ったのです!!!

 

なんとなくそんな風になるのかなと思いましたが(笑)、まさか本当に自分たちの結婚式を他人に譲るとは。。。

なんて他人想いの人のいいカップルなんでしょう・・・。

 

そのお陰で、好きな人と最高の日を迎えられることができた未知と彰生はその幸せを噛みしめるよう、お互いに気持を伝え合い、そして抱き合います。

好きって言ってくれるあなたがいて、私は幸せ。

俺は好きと言いたくなる君がいて、もっともっと幸せだよ。

ですって、ひゃぁ!

このときの真剣佑の顔がマジでカッコいいです(笑)

 

そして、この幸せな気持ちのまま、つつがなく結婚式を過ごせると思ったのですが・・・

やはり現実は厳しいものでした。。。

 

いつもの3人(白石、緋山、冴島)が病院で、結婚式の話をしていると緊急患者が救急車で搬送されてきました。

仕事モードに切り替わる3人。

そして、そこに現れたのは未知だったのです!

 

純白のドレスが吐血で赤く染まり、それにハサミをいれられるその様子があまりにも切ない・・・。

でも、左手の薬指には指輪がはめられていました。

こんな状況にもかかわらず、良かったって思っちゃいます。

 

そして、つらい状況ながらも未知は冴島に向かっていうのです。

感謝の気持ちを伝え、そして「あなたもちゃんとやってね。結婚式。みんなの前で誓えるって悪くない。思いは伝えて」って。

泣ける~!!

そんな状況の中、フェリーが海ほたるに追突したとドクターヘリ要請が・・・。

ここで???と思いましたが、未知は命をつないでいました。

 

その後、未知が出くることはありませんでした。

未知は静かに息を引き取っていたようです。

 

最後、藤川と冴島の結婚式が行われた時、彰生がその1人でそのお祝いにやってきました。

そして彰生の指には未知の指輪がはめられていました。

そこで未知は死んでしまったんだな、と悟るのです。

 

皆さんの感想

愛する人に見守られながら病魔と闘い息をひきとった未知の物語。

皆さんはどのように感じたのでしょうか!

などなど。2人のシーンが印象に残っている人がたくさんいました。

他にも、もっとこの2人の余韻を感じたかったという人もいて、切ないながらも感動するシーンだったようですね!

 

まとめ

病気に侵されながらも愛する人に向き合い、そして病気にも向き合い、幸せも噛みしめながら亡くなってしまった未知さんのネタバレを紹介しました!

また、真剣佑さんもいい表情をされるんですよね!

未知さんを想う気持ちが溢れています(笑)。

なのでぜひチェックしてみてくださいね!

スポンサーリンク


 

この記事を書いている人 - WRITER -
dorameisterMai

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.