ファイナルカット1話から8話のあらすじ&ネタバレ!最終回は犯人と対決?!

   

第8話を終え、がぜん面白くなってきた「ファイナルカット」!

私は毎週見ていますが、特に8話は圧倒的に引き込まれてしまいました。

それもあの橋本環奈さんの演技があってこそかもしれません。

最終回がかなり気になります!!!

 

もしかして今からファイナルカットを観たい!という人がいるかもしれませんので、これまで放送された第1話~第8話までの内容を簡単におさらいしたいと思います!

スポンサーリンク

 

ファイナルカット1話から8話のあらすじ&ネタバレ

ゆ づさん(@real___1582yuzu)がシェアした投稿

物語の始まり

ファイナルカット8話のロケ地・ホテルやうなぎ店はここ!

 

この物語は12年前のある事件から始まりました。

12年前、慶介(亀梨和也)の母であり、保育園の園長だった早川恭子(裕木奈江)はある女児殺害事件の犯人と扱われてしまうのです。

決め手となったのは、当時現場に落ちていた恭子のハンカチから女児のDNAが検出されたことでした。

 

これをいち早くかぎつけたマスコミが恭子が犯人かのように騒ぎ立て、連日連夜恭子の家に押しかけ、報道合戦を繰り広げました。

特にひどかったのが「ザ・プレミアムワイド」という、百瀬(藤木直人)がメインキャスターの番組でした。

警察からは公になっていない情報を入手し、いち早く恭子を犯人扱いしたのもこの番組です。

 

そんなマスコミたちに嫌気がさしたのか、恭子はある日、自殺をしてしまうのです!

そして、この事件は被疑者死亡として処理されたのでした。

 

実は当時、現場付近で若い男を見たと恭子は証言していたにも関わらず、それを調べられることもなく、そのことも放送されることもなく、事件は終わってしまったのです。

 

そんな無念な想いを抱えた慶介は、12年後、母の事件の事実を知るべく、そして母を追い詰めた人々に復讐をするために立ち上がったのです!

 

復讐劇のスタート・プレミアムワイド関係者へ

まず、慶介の復讐の矛先が向かったのは、当時先陣を切って事件の取材をし、恭子を犯人かのように扱ったザ・プレミアムワイドのメンバーでした。

 

プロデユーサーの井出(杉本哲太)、ディレクターの真崎(水野真紀)、ディレクターの小池(林遺都)、カメラマンの皆川(やついいちろう)に対して、公になったら人生が終わるような映像を盗み撮り、それを編集し、「ファイナルカット」として叩きつけたのです!

 

もちろんそれを受け取った彼らは、その映像に驚愕し、弱みを握られたことを知り、慶介が協力を求められれば応じるようになりました。

当時の取材の様子が回想シーンで放送されましたが、本当えげつない取材の仕方をしていたので、ガンガンやってやれ!って私は思ってましたけど(笑)

 

慶介は、単に協力させることがゴールではなく、ある目的をもってこの映像を叩きつけたのですが、慶介の最終的な目的は最終回に明らかになるようです。

 

そして、下っ端?を片付けると、彼らのボス・百々瀬の(藤木直人)にももちろん「ファイナルカット」を叩きつけます。

百々瀬の映像も、それが公表されれば、人気キャスターの座が転落するような内容でしたが・・・・、さすがしたたかな百々瀬です。

ころんでもただでは起きません!

 

受け取った映像を自らテレビで公表し、視聴者をどっきりさせるという企画(フェイクニュース)として扱ったのです。

そうしたことで、その映像は作られたものだとして扱われ、慶介のファイナルカットは効力を持たなくなりました。

さすがです、百々瀬。

 

けれど、百々瀬は慶介の行動を面白く思い、今まで脅されていたスタッフを呼び集め、12年前の事件を再度、調べるように命じました。

百々瀬にとってみれば、慶介の行動がネタになると思ったようです。

殺人犯の息子が復讐ですものね。

 

ザ・プレミアムワイドのメンバーが調査を進めていくと、やはりある人物が上がってきました。

それは、当時も捜査線上に名前が乗っていた「小河原祥太」です。

 

さらに調査を進めていくと、どうやら12年前の放送が間違っていたのではないか、犯人は早川恭子ではなかったのではないかということにたどり着くのです。

それってすごい事実!

だって、自分たちが報道していたことが間違っているってことですものね!

 

けれど、特にそれに動揺するような百々瀬ではありません。

今度は百瀬は、慶介を巻き込むことを考え付きます。

慶介を呼び出し、お母さんの無実を一緒に晴らそう的な、そしてその様子を報道する的な。

 

言葉巧みに慶介を落とそうとしますが・・・

さすが慶介です。

以前、マスコミに痛い思いをしているので、百々瀬のその言葉をきっぱりと突っぱねました。

 

話は決別!

全面戦争になりかねない雰囲気でしたが、それぞれがそれぞれのやり方で決着をつける覚悟をしたのでした!

 

慶介の復讐劇を阻む力

警察官になっていた慶介は、当時事件を担当していた新宿署に配属になっていました。

そして資料整理という作業をしながら、秘密裡にあの事件を調査していたのです。

 

そしておかしなことに、気づくのです。

当時の資料記録が破られなくなっていること、そして、他がどこにも報道していないのに、ザ・プレミアムワイドだけが、独占で恭子が犯人であるかのように報道したこと、しかも確信を持って、に。

 

これを怪しいと思った慶介は、ザ・プレミアムワイドのメンバーの動向を探り、ある事実をつかんだのです。

それは、警視庁刑事部の部長・芳賀(鶴見辰悟)が、恭子のハンカチが発見されたことから、恭子の犯行と百々瀬にリークしていたのでした。(口でははっきりと言わなかったけれど)。

これを聞いた百々瀬は、恭子が犯人と確認をし、報道に踏み切ったのでした。

 

それを知った慶介は、芳賀にもファイナルカットを叩きつけたのです。

すぐに芳賀がどうこうなったわけではありませんが、こうしたことで、慶介は芳賀の部下から見張られるようになりました。

 

けれど、このことによって、今まで敵だと思っていた上司・高田(佐々木蔵之介)が、実は味方であることが分かりました。

高田は12年前のあの事件の担当刑事でした。

そして今でも恭子が無実であると思っていると。

慶介に心強い味方が出来たのです。

 

芳賀はなぜ、百々瀬に恭子が犯人だとにおわせたのかというと、実は過去、自分の娘が悪さをした時に、弁護士である祥太の父に助けてもらっていたからでした。

その見返りに、祥太に容疑がかからないように、そう仕向けるよう行動したのです。

ひどい話ですよね!!!

 

真犯人を見つけるために小河原姉妹に近づく慶介

スポンサーリンク

 

捜査線上に上がっていたのに、捜査対象から消えてしまった小河原祥太。

彼が真犯人なのかを暴くために、慶介は、小河原家の姉妹、雪子(栗山千明)と若葉(橋本環奈)それぞれに偽名を使って近づきます。

それぞれの気持ちを掴んだ慶介。

やる~!って感じでしたが、このまま騙しながら祥太のことが聞けるのかと思ったら、やはりそんなこと続かないですよね。

2人に慶介のことがバレてしまいました。

 

自分たちに近づいたのは兄のことが知りたいから・・・私たちは騙されていた・・・、理屈では分かっても感情はなかなかついていきませんよね。

 

特に若葉は、それでもいいから、そして兄の居場所を探すのを手伝うから付き合ってほしいと、再度慶介に詰め寄ります。

それを冷たくあしらう慶介。

 

けれど、慶介は事件の事実を知るため、雪子には近づいていました。

あくまで事件の事実を突きとめるためというのを全面に出していましたが、やはり雪子への気持ちはあったんですね。

それを抑えられず?!2人は一夜を共にしてしまいます。

 

一方、若葉は、ひょんなことから、兄・祥太と連絡を取り合うようになるのです。

そして、女の感からか、雪子と慶介が会っていることに気づき、傷ついた若葉は祥太にその想いをぶちまけていたのでした。

 

一夜を共にした後、雪子はもう慶介とは会わないと言いますが、ほどなくして、会う機会が訪れました。

それは、祥太が犯人と決定的な証拠を掴み切れない慶介が、その証拠をつかむために雪子を揺さぶるためでした。

祥太が犯人であるかのような映像をファイナルカットとし、雪子に叩きつけたのです。

 

叩きつけられた雪子は、兄のことを謝り、そして家族で話し合うから待ってほしいと言いました。

これで雪子と慶介の仲も決別・・・

と思いましたが、受け取った雪子の対応に、慶介はどうやら本気で惚れてしまったようです。

 

犯人が確定!そして若葉の暴走

ファイナルカットの若葉が怖すぎる!仕掛けた罠とは?

 

慶介と別れた雪子はその夜、家族が集まっている所で、いままで聞けなかった祥太のことを両親に問い詰めます。

最初は口を閉ざしていた父ですが、隠せないと思ったのか、

 

信じたかった、あの事件が起きた時、祥太はずっと家にいたと、だから警察にもそう話した。けれど防犯カメラのデータを見つけた時、祥太の犯行だと確証した

と、祥太の犯行を認めたのです!

これには、えーーーー!!!ここで認める???と私もびっくりでしたけど。

 

そして、祥太をかくまうためか、祥太を渡米させてからも、祥太は少女に手を出していたことが分かりました。

本当にどうしようもない兄ですね!!!

 

事実を知った雪子は、覚悟は出来ているからと、兄を警察へというのですが、それを聞いていた若葉は「覚悟が出来ていない」と反対をするのです。

そして、若葉は雪子と慶介が再び会っていることに気づきました。

 

更に、雪子の口から「彼が好き」と聞き、若葉の心はかき乱されます!

そして再び、兄とチャットを始める若葉。

「お姉ちゃん最悪、私の彼を奪った、お姉ちゃん、ひとりで騒いでる、お姉ちゃん私の彼をとった、許さない」

と、スゴイ形相でキーボードが壊れんばかりにその想いをぶちまけるのです。

 

すると、兄からの助言があったのか??

若葉は慶介に、「兄と連絡を取り合っているから、事件解決のために協力する」旨のメッセージを送りました。

それに反応した慶介は、わざわざ若葉の家へ出向いてしまうのです。

 

そこで事件が起こってしまいました。

チャットをしている部屋に慶介を招き入れた若葉はおもむろに包丁を取り出し、慶介ではなく自分を刺したのです!!!

慌てた慶介ですが、その様子に若葉は不敵な笑みを浮かべ・・・。

そして騒ぎを聞いた雪子が部屋を開けたところで8話は終了になりました。

 

もう、本当に若葉恐るべし!!!です。

観ていない方はぜひ観てほしいです。

嫉妬、憎しみ、慶介への気持ち、そんなんでかき乱されている若葉の気持ちがストレートに伝わってきますから。

ファイナルカット第8話を見逃がしたらこちらから視聴できます

 

最終回のあらすじ

若葉の自作自演により逮捕されてしまった慶介。

そして、ついに祥太と対峙することになりそうです!

そんな最終回のあらすじを載せておきますね。

 

若葉(橋本環奈)への殺人未遂容疑で慶介(亀梨和也)が現行犯逮捕された。

傷を負った若葉の姿を目の当たりにした雪子(栗山千明)は大きなショックを受けるが、そこへ一本の電話がかかってくる。

それは、かつて慶介が雪子をだますために使っていた偽名“吉澤優”からで……?

 

一方、独自に祥太の行方を追っていた井出(杉本哲太)、真崎(水野美紀)、小池(林遣都)、皆川(やついいちろう)は、慶介が逮捕されたと聞き、色めき立つ。

しかし、百々瀬(藤木直人)は、さらなる大スクープを画策していた。

 

無実を信じる大地(髙木雄也)をよそに、取り調べに対してなぜか黙秘を貫く慶介。

しかし、やって来た上司の高田(佐々木蔵之介)に突如、「犯人は、俺です」と自白を始め、高田を驚かせる。

“殺人犯”となった慶介は、誰も予想しなかった驚きの方法で、ついに真犯人と対峙することに。

そこには、スクープを狙う百々瀬ら『ザ・プレミアワイド』の姿もあった。

慶介、真犯人、そして“ミスターメディア”百々瀬が一堂に会して、慶介の一世一代の大勝負がついに始まる。

その時、高田(佐々木蔵之介)は…?そして、雪子は…?

 

しかし、慶介の復讐のクライマックスは…この対決の先にあった!

慶介が、ファイナルカットを突きつけてきた真の目的とは?待ち受けるのは驚愕のラスト!!

(引用元:https://www.ktv.jp/finalcut/story/09.html)

このあらすじを見ただけで、最終回に何が起こるのかメチャメチャ気になりますよね!!!

最終回、見逃せませんね!

 

まとめ

最終回を迎える前に、これまでの流れをざっと説明しました。

それぞれの立場の思惑が絡み合って起こってしまった今の現状。

これにどう決着がつけられるのか、本当に見逃せません!

最終回は、3月13日(火)21時~2時間スペシャルです!

スポンサーリンク

 - FINAL CUT