倉橋佳彦の経歴や仕事は何?店長をしているカフェの場所はどこ?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
dorameisterMai

11月19日の「マツコの知らない世界」ゲストは「倉橋佳彦」さん。

ほうじ茶スイーツの世界を紹介されていましたね!

 

ほうじ茶ブームを支える?!倉橋佳彦さんですが、その経歴や現在のお仕事は何でしょうか。

さっそく紹介していきますね!

スポンサーリンク

 

倉橋佳彦さんの経歴や仕事など

この投稿をInstagramで見る

かぐらちゃかプチ(@kagurachaka)がシェアした投稿

私は、マツコの知らない世界で初めて「倉橋佳彦」さんを知りました。

その経歴を調べて見ると、お茶に対する熱い思いが伝わってきました!

 

倉橋佳彦さんは元ダンサーから日本茶バリスタへ

昔から好きだった音楽の影響でダンスを始め、とにかくダンスに夢中で、様々なステージや大会、バックダンサーなどを経験してこられました。

けれど、体を壊したことがきっかけで、ダンスはやめ、「ものづくりと食」に楽しさがあると思い食の世界へ。

 

最初は、コーヒーバリスタとして働いていましたが、コーヒーの飲み過ぎでまたもや体が大変な状態に・・・。

一時的にコーヒーが飲めなくなってしましました。

それをきっかけにお茶の世界へ。

お茶の美味しさの気づいた倉橋佳彦さんは、お茶の作り手である農家さんの思いを感じて飲んでもらいたいという思いを元に、「NITCHA」を立ち上げられます!

 

プライベートは25歳で結婚してバツイチだとか。

自分の仕事にのめり込み過ぎて、破局を迎えたんだそうです。

この場面はマツコさんがめっちゃ食いついていましたね(笑)

 

倉橋佳彦さんの仕事はNITCHAのディレクター&日本茶バリスタ&店長

倉橋佳彦さんは、「NITCHA」ではディレクターとして茶葉の販売などを行っておられます。

日本茶バリスタとしては日本茶メニューの開発、ワークショップやイベント業なども行っておられます。

ストリートアカデミー(通称:ストアカ)でも講座をやられています!

また「FEBRUARY KITCHEN」の店長さんでもあるんです。

 

カフェ「FEBRUARY KITCHEN」の場所はどこ?

スポンサーリンク
この投稿をInstagramで見る

FEBRUARY KITCHEN(@february_kitchen)がシェアした投稿

店長を務められるお店は「FEBRUARY KITCHEN

場所は東京都台東区にあります。

場所:東京都台東区浅草2-29-6 天野ビル 1F
営業時間:8:00 – 18:00(LO17:30)(moaning 8:00 – 11:30、lunch 11:30 – 14:00)
定休日:水曜日(GWは休まず営業)
電話:03-5811-1535

 

さすが日本茶バリスタですね。

この投稿をInstagramで見る

FEBRUARY KITCHEN(@february_kitchen)がシェアした投稿

9月のマンスリーパフェは「和栗とほうじ茶のパフェ」だったようです!

メニューはお茶がメインというわけではなく、コーヒーや紅茶、ビール、ワイン、チョコレートドリンクにスイーツなど、いわゆるカフェメニューが取り揃えられています。

煎茶&玄米茶などもメニューにありますが、外国人にはお茶が人気なんだそうですよ!

 

ちなみにこちらはほうじ茶ラテ!

人気メニューなんだそうです。見た目からも美味しそう!

この投稿をInstagramで見る

FEBRUARY KITCHEN(@february_kitchen)がシェアした投稿

 

まとめ

倉橋佳彦さんの経歴やお仕事、店長を務められている「FEBRUARY KITCHEN」を紹介しました!

今冬は「ほうじ茶」に注目ですね!

スポンサーリンク


 

この記事を書いている人 - WRITER -
dorameisterMai

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.