【anone】8話あらすじとネタバレ!ニセ札づくりはうまくいくのか?

   

anone_ネタバレ

ドラマ「anone」も8話が放送されましたね。

それぞれがそれぞれを想う気持ちと現実のギャップがなんとも言えなくなってきました。

そしてついにニセ札づくりが・・・。

そんな気になる第8話の内容を紹介しますね!

スポンサーリンク

 

「anone」第8話のあらすじ

「anone」第7話のあらすじ&ネタバレ

亜乃音(田中裕子)の不審な行動を目にした万平(火野正平)は、ハリカ(広瀬すず)たちとの共同生活を始めてから様子がおかしい亜乃音の行動を観察する。

 

一方、ニセ千円札を自動販売機に通すことに成功したハリカ、亜乃音、るい子(小林聡美)、舵(阿部サダヲ)は、理市(瑛太)の主導でいよいよ一万円札作りに取り掛かる。

 

そんな中、四人は擬似家族のような暮らしに今までの人生で得ることのできなかった張り合いと安らぎを感じて…。

ハリカは彦星(清水尋也)のチャットゲームのアカウントを使って連絡してきた茉歩(藤井武美)に呼び出され、彦星との関係を詮索される。

彦星に思いを寄せる茉歩は、財力のある父親に掛け合って彦星の治療費を立て替えようとしているのだが…。

 

亜乃音を訪ねてきた玲(江口のりこ)は、自分に会いに来なくなった理市がそこにいることに驚くが、亜乃音が玲と陽人(守永伊吹)を守るためにニセ札作りに巻き込まれているとも知らず、理市との関係を母親として応援してくれない亜乃音に辛く当たる。

 

そして、完成したニセ一万円札を試す時を迎え四人は緊張に包まれる一方、亜乃音たちと出会って想像もしない幸せを味わって得をしたと言うハリカの話に、それぞれの思いを馳せる四人だった。

万平が亜乃音の落としたニセ札のホログラムの正体に気づいたとも知らず、四人は出発しようとしていた…。

(引用元:https://www.ntv.co.jp/anone/story/8.html)

 

「anone」第8話のネタバレ

スポンサーリンク

 

それではさっそく内容を紹介しますね。

 

亜乃音達を怪しむ人物が…。

万平(火野正平)は、ハリカ(広瀬すず)ら3人が来てから亜乃音さん(田中裕子)は変わったと息子に話し、行動を観察することに。

そして4人が自動販売機の前で飲み物を買い喜ぶ姿や、中世古(瑛太)と持本(阿部サダヲ)、ハリカが1人1点ずつ店で買い物をするという不審な行動を見る。

 

偽の千円札を自動販売機に通すことに成功したハリカ、亜乃音、るい子(小林聡美)持本は、回収し忘れた偽札を取り戻すため、中世古と共に自動販売機を所有しているお店へ。

そこで1万円札で買い物を繰り返し、偽札の回収に成功する。

 

そして中世古と共に遂に一万円札作りに取り掛かる。

一方中世古は妻に例のアパートについて、新しいソフトを作ろうとして借りてたんだよ、と嘘をつく。

そんな中、玲(江口のりこ)から「最近来ないね」とメールが入る。

 

ハリカと彦星の運命は…

ある夜、ハリカは彦星(清水尋也)とチャットゲームをしていた。

しかし「あなたは誰ですか?」と返事がきて、彦星のチャットから、かすみという女性に呼び出される。

そしてかすみから彦星との関係を聞かれたハリカは彦星とは幼なじみで、今は全く会っていないことを聞き安心する。

彦星に思いを寄せるかすみは、父親の財力を借り彦星の治療に多額のお金を出そうとしていた。

 

それぞれの関係に変化が!?

亜乃音を訪ねてきた玲(江口のりこ)は、自分に会いに来なくなった中世古と息子の陽人(守永伊吹)がそこにいることに驚く。

玲は中世古との関係を応援してくれたら、また前みたいに話せるようになるかと思ったのに…やっぱり母親なんかじゃない!と亜乃音に辛く当たるのだった。

 

その晩、持本が中世古を誘ったことで5人は共に鍋を囲むことに。

しかし、持本以外は黙ったまま静まりかえったいた…。

持本が偽札の作業をしていると、るい子は持本の元へ。

2人は楽しそうに話をしていて、るい子は持本に好意を寄せていた。

その2人の様子を亜乃音とハリカはそっと見守っていた。

 

後戻りできない…。

遂に偽一万円札が完成した。

中世古は不気味に笑っていた。

そして遂に偽札を試す時を迎えて、4人は緊張していた。

亜乃音はもしもの時は自分が自主をするからハリカを逃がすように、るい子にの話をしていた。

 

一方、彦星は親から治療費をかすみの父親が出してくれるという話を聞き、かすみを問い詰めた。

かすみは好きな人を助けたいと思うのは当然でしょ!と彦星に告げるが、彦星はハリカへの想いを伝え、かすみに治療の話を断ろうとしていた。

 

その頃ハリカ達はいよいよ偽札の実験へと出掛けようとしていた。

そこへ万平が現れる。

万平は何か気づいた様子で…亜乃音に明日印刷所を閉めて新しい人生を一緒にと話す。

 

一方ハリカ達は偽札を試すため各々ATMなどで実行していた。

しかし持本もるい子も偽札は使えなかった。

ハリカも試そうとすると、そこへ1本の電話が鳴る。

それは彦星からだった。彦星はかすみのことを説明したいと連絡してきた。

彼女はただの友達でこういう気持ちはハリカちゃんにだけだと、2人は思い合っていることを伝えあった。

 

そしてハリカも遂に偽札を試すことに。

ハリカの一万円は…使えた!!

 

その頃印刷所では中世古が印刷機を動かしていた。

そこに亜乃音と万平が帰ってきてしまい…万平は見てしまった。

見逃せない…一緒に警察にいこうと亜乃音に自首を進める。

すると中世古が万平の首を絞め殺そうと…、

そこへハリカが帰って来て…。

 

ここで第8話は終了。

次回もかなり気になりますね!

第8話を見逃してしまった方はこちらから視聴できます!

 

まとめ

第8話のあらすじ&ネタバレを紹介しました。

万平はどうなってしまうのでしょうか。

そしてニセ札づくりの行方は??

来週も見逃せませんね!

スポンサーリンク

 

 - anone