この世界の片隅にで水原とすずの関係は?周作と三角関係なのか原作ネタバレ

   

2016年に公開された「この世界の片隅に」は終戦前後に広島で生活を送る、すずの人生を描いた作品で、戦争中でも一生懸命に生き抜こうとするすずの姿に多くの人が感動しました。

そしてまた、戦争は絶対に忘れてはいけないものだということを再度確認ができる映画でもあります。

今回は、そんな多くの人に感動を与えた「この世界の片隅に」の主人公すずと、すずの周りの男性たちの関係を見てみたいと思います。

スポンサーリンク

この世界の片隅にで水原とすずの関係は?

yukiさん(@yukichin_snow)がシェアした投稿

この世界の片隅にですずの幼少期の子役は誰?出演作品や演技力は?

主人公のすずと水原は小学校の同級生で幼馴染でした。

幼い頃は好きだからこそ、意地悪をするという子供独特のアプローチで、すずと水原はお互いの事が好きだけど、喧嘩をするような関係でした。

すずにとっても水原にとってもお互いが初恋の相手だったということは間違いありません。

 

久しぶりの再会は、海軍に入隊した水原が、泊まるところを探してすずのところへやってきた時でした。

すずには周作という相手がいるので、そこまで水原のことを男として見ていなかったようです。

しかし、水原はこの再会ですずに対する思いを思い出したんだと思います、

そしてこのすずと水原の再会によって、すずと習作の関係にも影響を与えることになりました。

すずよりも男性同士の方がライバル関係になっていったように感じました。

 

すずは水原が好きなの?周作とはどうなる?

スポンサーリンク

周作はすずと水原が再会したことにすごくヤキモチを焼いていました

2人の仲の良さそうな関係を見て、嫉妬してしまったのです。

すず自身は水原のことを幼なじみだと思っていたし、久しぶりの再会を懐かしんでいたようでしたが、水原自身はどうも違ったようです。
なので、周作が心配したのも当然かもしれませんね。

すずと周作の関係も微妙な時期だったので、この水原との再会が周作にとっては気がきではなかったのでしょう。

 

すずと水原の関係が気になった周作は思いもよらない驚きの行動に出ます。

水原を納屋に寝るようにし、そこにすずを行かせるのです!

そしてすずと水原が2人切りになるような空間を作り出して閉じ込めてしまいます。
この周作の行動には驚いてしまいました。

でもきっとここまで周作がするほど、思いつめていたんだと思います。

 

すずと水原は2人切りになりますが、何もありませんでした。

すずがきちんと断ります。

それはすずが周作の事が好きだったからだと思います。

すずと周作の関係が微妙であっても、一緒に暮らしてくうちにすずは周作に惹かれていたんだと思います。

そして水原もすずに断られたことに安心します。

きっと結ばれたかった思いもあるでしょうが、やはりすずは人妻。

人妻であるすずにはきちんとした人であっていて欲しかったのでしょう。

これで水原のすずに対する思いは終わりました。

 

まとめ

ドラマこの世界の片隅にの脚本家は誰?過去の作品や評判は?

言葉だけに起こすと3人の関係は異様に聞こえるかもしれません。

でもそこには戦争下で生きる3人の思いがありました。

子供を産めるという事が今の時代よりもどれだけ大きなことなのかが、周作の行動を見れば分かります。

周作にはどこかに子供ができないのが、自分のせいだと思っていたのかもしれません。

だからこそ驚きの方法をとってしまいました。

でも結局、誰も道を踏み外しませんでした。

どの時代にも必ず恋愛はあります。

「この世界の片隅に」では戦争の時代に恋愛をすることの大変さ、結婚・出産というプレッシャーが描かれていました。

彼らもまた戦争に翻弄された人物だったのです。

スポンサーリンク

 

 

 - この世界の片隅に