【A LIFE】第7話ネタバレ&見逃し無料視聴動画と第8話の予告動画

   

ドラマ「A LIFE」も第7話が放送されましたね!

 

沖田(キムタク)の諦めない気持ちが、1人の患者さんを救い、そして深冬(竹内結子)の未来も変えそうですよね。

 

それでは明るい道筋が見えた第7話を振り替えてみましょう🎶

スポンサーリンク

第7話のあらすじ&ネタバレ

深冬の決意

オペの方法が見つからない沖田(キムタク)は、以前勤めていたシアトルの病院に望みをかけてその方法を問い合わせます。が、返ってきた結果は残念ながら方法は見つからない・・・というものでした。

 

そんな時、進む病状に不安を募らせる深冬(竹内結子)は、沖田にある提案をします。それは、最初から自分の神経を犠牲にし後遺症を残しても生きる選択をするというものでした。

 

到底それを受け入れられない沖田ですが、生きて「りな」(娘)のそばにいたいという深冬の決意は固いものでした。

 

深冬のその決意は固く、夫・壮大(浅野忠信)にも後遺症のリスクを承知の上で進みたいと告げるのです。

(引用元:http://www.tbs.co.jp/)

 

小児科を訪れた14歳の少女

(引用元:http://www.tbs.co.jp/)

「お腹が痛いんです」と14歳の少女が深冬(竹内結子)の外来を訪れます。深冬は訪れた彼女が最後の患者になると覚悟があったのでした。

 

壮大と沖田

深冬(竹内結子)から後遺症が残っても生きたいと告げられた壮大(浅野忠信)は、沖田(キムタク)に詰め寄ります。そんなことを望んでいないと、完治させてやりたいから沖田に頼んだのだと。

 

その様子を顧問弁護士の榊原(菜々緒)は、聞いてしまうのでした(むしろ確信犯だと思います)。

 

そんな中、深冬は小児科医の指導医の認定を取得します。壇上記念病院の小児外科を盛り上げようとしている深冬ですが、突っ走りたいのに突っ走れないもどかしさを感じているようです。

 

病院長の父(柄本明)は深冬の病気を知らないですが、深冬を応援して欲しいと壮大に告げます。そんな壮大は病院長の意志にそぐわない病院合併の話を進めているのでした。

 

14歳の少女・あかね

深冬(竹内結子)の担当する患者は「先天性胆道拡張症」という診断がされました。本来は深冬がオペを担当するところですが、沖田(キムタク)にお願いすることになりました。

 

沖田は深冬のオペも完治する方法を諦めていないと、深冬に伝えます。

 

壮大の思惑

桜坂中央病院との提携が決まったと銀行員に告げる壮大(浅野忠信)。そして来年度の構想プランとして小児外科をつぶすと話すのです。

 

病院長は小児外科は壇上記念病院の要にしたいと思っているし、深冬(竹内結子)は小児外科の指導医の資格を取得したし、小児外科で優秀な沖田(キムタク)はいるし、壮大の考えは周囲には理解出来るものではありませんでした。

 

いっそのこと、桜坂中央病院に壇上記念病院を飲み込ませてしまえばいい、と壮大は言うのです。病院長と確執がある壮大はどうせ手に入れられないのなら、なくしてしまえばいいと思っているようです。

 

その気持ち分かりますが、でもそれではお互い傷つくだけです・・・(/_;)

 

手に入れられないならなくしてしまえばいい・・・それは病院だけではなく、深冬のこともそうではないか?と事情を聴いてしまった弁護士の榊原(菜々緒)は壮大に言います。

 

深冬の気持ちが自分にないなら死んでしまえばいい、そう思ってますよね?と榊原は壮大に詰め寄るのです。それほど、壮大の深冬への気持ちは強かったのです。

 

あかねの病状

あかねの病状にさらに気になることがあらわれました。下着の右胸の乳頭が触れる部分に血液のシミがあったと言うのです。

 

深冬(竹内結子)は沖田(キムタク)に相談し、さらなる検査をすることにします。エコーの結果、経過観察で良いのでは?という医師に対し、沖田はもう少し調べてみた方がいいのでは?と提案します。

 

他の可能性として、「乳がん」も考えられるというのです。それはないという医師に対して、可能性があるなら調べるべきだという沖田の提案を受け、深冬はさらなる検査を行います。

 

一方、乳腺外科部長の児島(財前直見)は、14歳の乳がんなんてありえないと言います。分泌物の細胞腫の結果は異常はなかったものの、やはり沖田は可能性があるのなら他の手段でも検査するべきだと訴えるのです。

 

深冬の病気

沖田(キムタク)の部屋を訪れた井川(松山ケンイチ)は深冬(竹内結子)のオペの方法が見つかったのかと心配しています。そこに柴田(木村文乃)が翌日のオペの予定を渡すために沖田の部屋を訪れます。

 

実は柴田もうすうす感づいているのでした。深冬(竹内結子)のオペをするために、沖田が壇上記念病院に残っているのだと。それを沖田に伝えるのです。

 

それを聞いた沖田は、オペの方法は見つからないし、深冬は神経を犠牲にしてまでも生き延びたいと思っていると柴田や井川に話すのです。そんな状況を打破したいと、ここから出てご飯を食べに行こうと提案します。

 

沖田の実家へ

(引用元:http://www.tbs.co.jp/)

ご飯を食べに行った先は沖田(キムタク)の実家でした。沖田の実家は寿司屋なんです。そこで沖田の父のお寿司を頂く井川(松山ケンイチ)と柴田(木村文乃)・

 

そこでなぜ沖田が医者になろうと思ったのか、その真実が明らかになるのです。沖田が医者になろうと思った理由は母が亡くなったことがきっかけだったようです。

 

乳がんの症例

あかねの症状が気になって色々調べていた沖田(キムタク)は、10歳の子の乳がんの症例を見つけます。時同じく、シアトル(沖田が以前いた病院)から1通のメールをもらうのです。そのメールにはこう書いてありました。

 

「Back to the basics」(初心に帰れ)

 

と。その言葉が沖田をよみがえらせるのです。

 

外科部長羽村と顧問弁護士榊原

(引用元:http://www.tbs.co.jp/)

壮大(浅野忠信)に不満を募らせている羽村(及川光博)と榊原(菜々緒)が、とあるバーで飲んでいます。この組み合わせで飲んでいるなんて、良からぬ方向に物事が進む気配がプンプンです。

 

羽村はかなり壮大のやり方に不満を持っているようです。それに榊原も同調している様子。一体、2人は何を企んでいるのでしょうか。

 

あかねの再検査

10歳の乳がんの症例を見つけた沖田(キムタク)は、乳腺外科部長の児島(財前直見)にマンモグラフィの検査をお願いします。ちょっと渋る児島を説き伏せ、検査を受けること認めてもらいます。

 

その間も、深冬(竹内結子)のオペの方法が見つからない沖田は、完治する方法を見つける為に悩みに悩みます。

 

一方、あかねの生検の結果が出てきました。結果は「乳腺分泌がん」でした。「先天性胆道拡張症」もあるあかねの体を気遣って、オペは乳がんと胆道拡張症と同時にやりたいと提案する沖田。

 

児島に力を貸してくれるようとお願いすると、児島は快諾してくれるのでした。

 

あかねの手術

あかねの手術は、沖田(キムタク)と児島(財前直見)のタッグで無事に成功しました。そんな様子を見ていた深冬(竹内結子)は、手術が成功して喜ぶと共に、病気を抱えているせいで自分が執刀できない悔しさを感じています。

 

沖田のひらめき

あかねのオペが終わった後も深冬(竹内結子)の手術の方法を考える沖田(キムタク)。そして、ついに閃くのです!

 

「ゼロじゃなかった」

 

そうつぶやく沖田、可能性はゼロじゃなかったんです。

 

そんな時、深冬(竹内結子)は1人手術室にいます。それを見つけた沖田は手術室へと向かうと、深冬は「なんであかねちゃんのオペ私じゃなく沖田先生がやっているんだとうと思った。もうここ(手術室)に来ることはない」と告げるのです。

 

それを聞いた沖田は「まだ最後じゃない、オペの方法見つけたんだ」と深冬に伝えます。神経を傷つけることなくオペが出来ると・・・。

 

「絶対にここに戻すから」そういう沖田に「絶対に戻る」と泣きながら誓う深冬。その様子を壮大(沖田忠信)はモニターで見ているのでした・・・。

 

その後、オペの方法を見つけた!と壮大に告げにいく沖田。それを聞いた壮大はとても喜んでいるように見えました。が、、、。

 

顧問弁護士の榊原の裏切り?!

病院全体会議の場面で、14歳の乳がんの手術が成功したことを報告する深冬(竹内結子)。それは壇上記念病院の小児外科にとってもプラスとなることでした。

 

が、、、、。その場にいた顧問弁護士の榊原がリスク管理の観点で話す場面で、「病気を抱えた医者が外科的治療を行うことは患者さんに不利益をもたらす危険があるので自己判断でしないようにお願いをいたします」と告げるのです。

 

「深冬先生は脳に腫瘍を抱えていらっしゃいます」と、深冬の父でもある病院長(榎本明)も知らなかった事実を榊原は暴露してしますのです。

 

終いには「これは深冬先生のご病気を承知で患者さんに治療を行わせていた副院長の責任問題です」と言い放つ榊原。

 

一体これからどうなっていくのでしょう。第7話はここまで、来週の展開が気になりすぎます!!!

スポンサーリンク

第7話を見逃した人に!無料動画配信はこちら

楽しみにしていたドラマを見逃がすととってもショックですよね!そんな時には、最新話を無料で視聴できるTBSのオンデマンドかTVerがおすすめです。

TBSFREE オンデマンド

TVer

 

ただし、これらは最新話1話のみの配信で、例えば今回の第7話であれば、第8話が始まる前までの限定配信なんです。もし過去からのも観たいのであればU-NEXTがおすすめです。

 

U-NEXTで観る場合「A LIFE」のような最新ドラマはポイント(324円相当)がかかってしまいますが、「無料お試し」に申し込むと600円相当のポイントがもらえ、実質1話は無料で見ることが出来るんです!

 

過去を遡って観たいとか、映画や海外ドラマ、他の国内ドラマも一緒に観たければ31日間無料視聴がついているU-NEXT↓↓↓はおすすめです♪


 

第8話の予告動画&あらすじ

会議の席で深冬(竹内結子)の脳に腫瘍があることを知らされた虎之介(柄本明)は怒り狂い、壮大(浅野忠信)と沖田(木村拓哉)を責め立てた。しかしすでに手術方法を見つけていた沖田は虎之介に詳しく説明をし、大丈夫、と言い切る。
深冬の難しい手術に備えて準備を進める沖田。そんな時、沖田の父・一心(田中泯)が心臓を患い、倒れる。
近親者の手術は行わないのが通例のため、羽村(及川光博)が一心の手術を行うことに。ところがそれを聞いた一心は、沖田に自分の手術をしろと迫る。
深冬の手術を間近に控えたうえ、身内の手術で不測の事態が起こった場合に冷静な判断ができるのか―迷う沖田だったが…。

(引用元:http://www.tbs.co.jp/)

 

次回も波乱がありそうですね。でも沖田(キムタク)はなんとか乗り切ってくれるんじゃないかと期待もあります。次回も楽しみですね♪

スポンサーリンク

 - A LIFE~愛しき人~