アンナチュラル中堂系の過去ネタバレ!赤い金魚と26人の殺人犯の謎は?

   

ぶっきらぼうな中堂系(井浦新)がカッコいいと話題になっているドラマ「アンナチュラル」。

けれど、中堂系は悲しい過去を持っていましたね。

最終回前に、中堂系の悲しい過去や赤い金魚の謎、そしてそれに関わる殺人犯に迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

 

アンナチュラル中堂系の悲しい過去とは?

アンナチュラルの犯人はジャーナリスト?最終回を考察してみた

 

中堂系(井浦新)には、糀谷夕希子という彼女がいました。

夕希子との出会いは、中堂系が訪れたある定食屋さん。

夕希子はそこでアルバイトをしていました。

 

ある日、ご飯を食べている中堂系を夕希子はずっと見つめています。

それに耐えれなかった中堂系は、いつものように?!「クッソ気になる。なんなんだ!!」と夕希子に向って暴言を吐くのですが、夕希子は中堂系の似顔絵を描いていたのです。

このことがきっかけ?!で2に人は付き合い始めました。

 

2人のデートシーンは微笑ましかったですよね。

ピクニックして、そしてそこで夕希子が初めての絵本が出来たと中堂系に報告し、2人で喜び合い、その時の中堂系の穏やかな顔は幸せそのものでした。

この時、絶妙のタイミングで「夢ならばどれほどよかったでしょう。未だにあなたのことを夢に見る」って主題歌のLemonが流れた時は、切なくなってしまいましたけど。

 

そして、突然の夕希子から、

幸せにしてくれる?逆プロポーズ

と逆プロポーズ。

中堂系は驚いていましたが、その表情がまたキュートでしたよ。

 

そんな幸せな時はある日、一変するのです。

夕希子が遺体となって、法医解剖医・中堂系の元に運ばれてきたのです!!

夕希子はゴミ捨て場に放置されていました。

 

中堂系は自分の感情を押し殺して、解剖をするのです。

ですが、解剖を終えた後、誰もいなくなった解剖室で、夕希子の顔を触りながら、声を押し殺し泣き崩れるのでした。

このシーンには泣かされました。

あまりにも切なすぎるんですもの!

 

これ以来、中堂系は夕希子を殺した犯人を捜し始めるのです。

夕希子の口の中にあった「赤い金魚」のマークを手掛かりにしながら。

そして、終盤になり、今までで一番はっきりとした「赤い金魚」のマークがある遺体が発見されました。

それによって、この事件はグッと進展したのです!

 

赤い金魚のマークはどうやってつけられた?

スポンサーリンク

火事があった現場の隣のビルから、口の中に「赤い金魚」のマークがある遺体が発見されました。

そこから、口の形状、金魚の跡のつき方から、六郎(窪田正孝)が、分析をすると・・・

動物専用のおもちゃのボール「おさかなカラーボール」だったんです!

 

なんじゃそりゃって思いましたが(笑)、金魚の模様が浮き上がったボールだったんです。

犯人はさつぐつわのようにボールを使い、死後取り出していたと判明したのです。

犯人は、なんかちょっと遊んでいる感じがしますね・・・。

 

ちなみに「おさかなカラーボール」をアマゾンで探しましたが、そのようなものは存在しませんでした!

 

赤い金魚と26人の殺人犯の謎は?

【アンナチュラル】糀谷夕希子は橋本真実!元MISSIONで演技力はある?

 

夕希子以外にも赤い金魚の跡を持った遺体が発見されていたことから、中堂系はこれが連続殺人とにらんでいました。

そして、今回の赤い金魚を持つ遺体を調べていると、26人が殺害された連続殺人事件であることが判明しました。

26人!!!

衝撃的すぎます!!!

 

しかも、犯人は、26人を全員違う方法で殺害していたのです!

アルファベット全部を網羅する殺害方法で。

その殺害方法とは・・・

A:バラバラ
B:撲殺
C:挫滅症候群
D:ドリルで何度もくし刺し
E:電気
F:ホルマリン
G:粉々
H:火
I:衝突
J:飛び降り
K:ナイフ
L:液体状
M:大理石?
N:ニコチン
O:油
P:晒し台首枷
Q:水銀
R:ロープ
S:窒息死
T:脱水
U:地下
V:真空
W:水
X:キセノン
Y:スズメバチ
Z:亜鉛

ひゃー!怖すぎです。

夕希子はNのニコチンを大量に注入されたことが原因でした。

 

そして、第9話でこの殺人犯と思われる男が判明しました。

それは第8話で大規模な火災が起こった現場から助けられ、奇跡的に生還した不動産業を営む高瀬でした。

ほんと、なんでそんな人が助かってしまったのか、と憤りを感じてしまいましたが、助からなければ事件は闇の中だったので、ある意味、良かったと言えるのかもしれません。

 

そして、この男が、「死体を損壊しました」と警察に出頭したのです!

ですが、やったのは「死体損壊」であって「殺人はやってない」といい、本当の犯人はまだ闇の中・・・。

いよいよそれが最終回で暴かれるわけです。

 

8年間もずっと抱えてきた闇を、中堂系は晴らすことができるのか。

とにかく注目が集まっている最終回です!

 

犯人の考察はこちら↓

アンナチュラルの犯人はジャーナリスト?最終回を考察してみた

 

まとめ

アンナチュラルの中堂系の過去と赤い金魚と26人の殺人犯の謎を紹介しました。

ほんと、おぞましい事件ですよね。

犯人は一体誰なのか?結果が気になる最終回は見逃せませんね!

 

スポンサーリンク

 

 - アンナチュラル