モンテクリスト伯で香港マフィアの俳優は誰?過去の出演作品はある?

   

俳優紹介

ドラマ「モンテクリスト伯」で真海(ディーン・フジオカ)の復讐劇がエライことになっていますね(笑)。

闇が深くなるにつれて、視聴率も伸びてきて、皆さん、徐々に「モンテクリスト伯」の世界にハマってきているのでしょうか?!

 

 

話が想像を超えてなかなかついていけませんが(笑)、そこに登場するのが香港マフィア。

そこにも繋がっちゃってるんですか??という感じですが、そんな香港マフィアを演じているのが誰なのか、気になって調べてみたので紹介しますね!

スポンサーリンク

モンテクリスト伯で香港マフィアの俳優は誰?

モンテクリスト伯の南条の過去は?ヴァンパとの関係をネタバレ考察!

雰囲気で怖そうって感じですが(笑)、香港マフィア役を演じているのは「nisi-p」さん。

うん???

って思われた方もいるかもしれませんが(という私もそうでしたが(笑))、nisi-pさんは世界で活躍されるベース・ミュージック・クルー「PART2STYLE SOUND(パーツースタイルサウンド)」のメンバーなんです。

ということは、俳優ではなくて、ミュージシャンの方だったんですね。

nisi-pさんのプロフィール
本名:西原 基浩(にしはらもとひろ)
生年月日:1973年8月21日
血液型:AB型
出身地:埼玉県川口市

以前は小室哲哉さんプロデュースの日本男性4人組のレゲエヒップホップユニット「H.A.N.D.」に参加されていました。

小室ファミリーだったんですね。

その活動が半年も満たずに終わった後は、メンバーだったMARU(丸山浩之)さんとともに「PART2STYLE SOUND」として活動されています。

私はベース・ミュージックは詳しくないのですが、その世界では、高評価を得られているんですね。

 

「PART2STYLE SOUND」のプロフィール文を紹介すると・・・

国内最大のベース・ミュージック・フェス【OUTLOOK FESTIVAL JAPAN】のレジデントであり、クロアチアで行われている同フェス本祭にも6年連続出演。

世界各国、数々のパーティーやフェスティバルでプレイし、世界中のベース・ミュージック界のトップ・プレイヤー達から高い評価を受けている。

ヨーロッパ・レーベルからのリリース、自身のレーベル”FUTURE RAGGA”の楽曲は、ヨーロッパ各地で話題沸騰、数々のビッグ・サウンドやラジオでヘビープレイされる。

 

国内においても【朝霧JAM】、【ULTRA JAPAN】、【りんご音楽祭】をはじめ、多くのフェスに出演。

日本初のGRIME プロデューサー オンライン サウンドクラッシュ【War Dub Japan Cup】優勝や、多岐にわたるアーティストのリミックス等、存在感を示している。

ダンスホール・レゲエのサウンドシステム・スタイルを軸に、あらゆるベース・ミュージックを取り入れた独自のスタイルで、プレイする楽曲の殆どは自作曲やダブ・プレートなのが特徴のひとつである。

(引用元:https://www.part2style.com/about)

ですって。

世界各地で活躍されている様子が伝わってきますね!

 

過去の出演作品はある?

スポンサーリンク

紹介したとおり、「PART2STYLE SOUND」として活躍されているので、過去のドラマなどの出演は見当たりませんでした。

せっかくですので、「PART2STYLE SOUND」のフェスの様子を紹介しますね。

MCを担当されているのがnisi-pさんですね。

独特で開放されている感じが素敵です。

 

こちらはeuroツアーの時の様子です。

世界で活躍されている様子が伝わってきますね。

 

まとめ

モンテクリスト伯で皆が暖に気づかないのはなぜ?時間のせい?

モンテクリスト伯で香港マフィア役を演じている俳優(というかミュージシャン)を紹介しました!

世界で活躍されているnisi-pさんでしたが、その風貌は貫禄ありましたね!

スポンサーリンク

 

 - モンテ・クリスト伯