半分青いで清(さや)のオウンゴールが怖い!そのセリフの感想や評判は?

   

「半分青い」第60話は予告通り修羅場を迎えましたね。

恋愛をしているさやの性格が浮き彫りになった感じでした。

そして、さやと鈴愛がもみ合いになっていた時に、さやが発した言葉が話題になっているんです。

その時の様子を振り返ってみたいと思います。

スポンサーリンク

 

半分青いで清(さや)のオウンゴールが怖い!

 

半分青いで鈴愛(すずめ)の結婚相手は誰?離婚後は律と再婚?

 

律(と鈴愛)の誕生日の日、秋風ハウスの七夕会に招待しようと律の部屋を訪れた鈴愛とユーコ。

昔のようにマグマ大使の笛を3回吹いて律を呼び出そうとすると、そこに現れたのはさやでした。

鈴愛は「やってまった」って言ってたけど、誕生日に彼女のいる人の家にいったらおおよそそうなりますよね!

 

何を思ったかさやは鈴愛とユーコを律の部屋に招き入れるのです。

鈴愛は帰ろうとしますが、さやは鈴愛と話したかったといい、引きとめます。

なんだか、怖いよ、さや(笑)。

 

どうやらさやは律の部屋に飾ってあったフクロウ会(高校時代の仲良し4人組)の写真のせいで律とけんかした後でした。

そして、さやはいつも一緒にいる鈴愛に嫉妬していたんですね。

さやは自分の知らない時間があることが嫌だったようです。

「それが過去でも」って、さやは独占欲が欲が強いんですね。

 

それもあってか、そのやりきれない気持ちが鈴愛に対して爆発したんです。

「マグマ大使だかなんだか知らないが、人の恋人笛吹いて呼ぶのやめてくれないかな。

律は私の彼氏なんだから、会うのをやめてほしい」

って。

この時のさやの顔は怖かったですよね!!!

 

それまでしおらしくしていた鈴愛でしたが、その言葉に触発されたのか、

「律を返せ!律はわたしのものだ!生まれた時から私は律といたんだ!」

と。

ひゃー!

律が物みたいになっちゃってますね。

 

そして、2人でつかみ合いのケンカが始り・・・

勢いあまって、鈴愛は自分でフクロウ会の写真を破ってしまうんです。

 

それを観たさやが

オウンゴール

って。

しかも、ちょっとしてやったり顔でしたよね???

写真が破れて嬉しい的な?!

鈴愛は呆然としていましたが、さやの怖さを感じてしまいました。

 

「オウンゴール」のセリフの感想や評判は?

スポンサーリンク

 

「オウンゴール」がトレンド入りしていたので、皆さんそのセリフがすごく気になったようですね!

という私もそうでしたから(笑)。

 

オウンゴールって、すごいな‼
さやさん、この性格悪いだけの子で終わるのかな?
あの爽やかさはどこいった?

 

清こわっ
て、思っても、いやーこれあるよね。
消えろ!ってしか思えない笑
オウンゴールとはなかなかこの時代言わなかったけども^^

 

オウンゴール…💧💧💧💧
怖いよ〜お母さーーーーん‼‼‼
怖いよ〜‼清怖い〜‼

などなど、さやのその言葉から「さやこわい!」って思う人がたくさんいました。

が、

けれど、それ以上に、1990年の設定なのに「オウンゴールは時代背景がおかしい」「当時使われていなかった」「一般的ではない」「自殺点の方が使っていた」というような意見も多くて。

Jリーグが開幕したのが1993年ですからね。

しかし、みなさんよく調べていますね。

それほど、「オウンゴール」が強烈だったんですね!!!

 

まとめ

半分青いですずめは短冊に何と書いた?律と離れるの?

半分青いで話題になった「オンゴール」について紹介しました!

セリフがトレンド入りするなんて、朝ドラの影響力の大きさが分かりますね!

スポンサーリンク

 - 半分、青い