【コードブルー3rd】第3話の視聴率&感想、第4話のあらすじ♪

   

視聴率&感想第3話

山下智久さん主演ドラマ「コードブルー3rd」第3話が放送されましたね♪

 

第3話は命と命よりも大切なものをテーマに三者三様の人間模様が描かれましたね。医者として常に問い続けていると藍沢(山下智久)も言っているように、深く考えさせられた回でした。

 

そんな第3話の視聴率や感想、第4話のあらすじなど紹介しますね。

スポンサーリンク

「コードブルー3rd」第3話の視聴率

第3話の視聴率は14.0%でした!(関東地区)

 

前回の15.6%から1.6ポイントダウンという結果になりましたが、他のドラマと比べて好調なのは間違いありません。ですが、やっぱり「コードブルー3rd」には期待するところもあって、15%以上をキープし続けて欲しかったなという勝手な想いもあったりします…。

これまでの視聴率
第1回:16.5%
第2回:15.6%

 

「コードブルー3rd」第3話の感想

皆さんの感想

「コードブルー3rd」第3話を視聴した皆さんの感想をピックアップして紹介しますね♪

皆さん、色々考えさせられたようですね。中には迫力が足りないと言われている方もいますが、確かに心に語りかけるような回だったので、緊迫していた感じではなかったかもしれませんね。

スポンサーリンク

私の感想

私の感想を書いてみたいと思います。

 

今回は、私も考えさせられる回でした。命と命よりも大切なもの、周りからすれば命を大切にして欲しいと思ってしまいますが、本人にしてみればそれが無くなると死んでいるようなものなんですよね。きっと。そこまで大切なものがあるってある意味羨ましいなと思ったりしますが、それが故に、こうやって究極の選択を迫られる結果になるなんて酷ですよね。

 

私が言うのもなんですが、あれだけの才能の持ち主なんだから、命があれば新しいことに出会うチャンスもきっとあるって思えたらきっと楽だろうなと思います。あのミシュラン1つ星のシェフのように。そうなったことは仕方ないから、そこからどうするかが大事だって、ほんとその通りですよね。自分の人生に活かせる言葉だと思いました。

 

それにしても、緋山先生ってまだ白石先生の家にいたんですね。前回、一緒に帰る&ごはん食べにいくというシーンを見て、仲いいなぁと思っていましたが、まだ一緒に住んでいたとは。2人のプライベートシーンが見れるのは楽しいですね。

 

「コードブルー3rd」第4話のあらすじ

藍沢耕作(山下智久)に、天野奏(田鍋梨々花)がけいれん発作で入院したという報告が新海広紀(安藤政信)から入る。新海は、奏が藍沢と話したがっていると伝えた。奏はこのような状況でもまだ手術は受けないという。望みは藍沢の説得なのだ。しかし、奏に藍沢もなんと声を掛けてよいか分からない。

 

そんな中、河川敷でバーベキュー中にケガをした家族救出のドクターヘリ要請が入った。同時に橘啓輔(椎名桔平)には、三井環奈(りょう)から長男、優輔(歸山竜成)の容体が急変したという連絡が。橘はドクターヘリを藍沢に任せ、息子の元へ駆けつける。

 

すると優輔の口元には吐血した痕跡。三井によると、優輔は急に腹痛を訴えたらしい。橘は循環器内科医師、井上宣顕(滝藤賢一)とともに、急遽、初療室で優輔の処置に当たる。

 

一方、藍沢、名取颯馬(有岡大貴)、雪村双葉(馬場ふみか)は河川敷に降り立つ。事故現場を目指し花火大会に向け集まっている大勢の野次馬たちを駆け抜け、たどり着いた患者の姿を発見し驚く。8歳の少年の首にはバーベキュー用の串が刺さっていた。現場での処置は難しいとの名取の判断で、少年はすぐさま翔北の初療室に運ばれる。そこでは、橘が優輔の治療を続けていた。

 

藍沢の監督のもと、名取、横峯あかり(新木優子)は少年の治療にあたる。白石恵(新垣結衣)たちも加わるが、少年の治療にはあらゆる困難が立ちはだかっていた。

(引用元:http://www.fujitv.co.jp/codeblue/story/index.html)

第3話で、新聞を読み始めた橘先生の息子・優輔。父親に向かって、「お父さんが新聞を読むようになったのはそういうことでしょ。子どもの事故とかやっぱ気になる」なんていうシーンがありましよね。要は優輔のドナー提供者を探しているってことですよね?!第3話でその伏線があってのこの第4話。展開が気になります!

 

まとめ

「コードブルー3rd」第3話の視聴率&感想、第4話のあらすじを紹介しました。第3話は深く考えさせられた回でしたよね。第4話はいよいよ橘先生、三井先生の息子の話がメインとなりそうですね。

 

第4話は8月7日(月)よる9時からです♪

第3話を見逃がした方はこちらから視聴できます♪

スポンサーリンク

 - コードブルー3rd