半分青い1話ネタバレ感想!鈴愛(すずめ)誕生?!

   

2018年前期のNHK連続テレビ小説「半分、青い。」が始まりましたね。

永野芽郁さんがヒロインのこのドラマ!

一体、どんな世界が繰り広げられるのか、とっても楽しみです。

それでは、早速第1話のネタバレを紹介しますね!

スポンサーリンク

 

「半分、青い。」1話ネタバレ

鈴愛登場

小学校3年生の時に、おたふく風で左耳が聞こえなくなった鈴愛(永野芽郁)。

あるものをどう捉えるかは「自分次第」。

耳が聞こえなくても、前向きな鈴愛は岐阜の高校に通っているところから始まりました。

幼馴染の律(佐藤健)もちょっと登場。

佐藤健さん、28歳?!なのに、制服姿も似合ってる~!(笑)

そして、10数年前の鈴愛が生まれるシーンへ。

 

鈴愛誕生!?

スポンサーリンク

 

そして、十数年前。

母・晴子のお腹にいる胎児の鈴愛。

胎児から登場するのも面白いですよね!

ガンガン蹴りまくって、胎児の頃からお調子者な鈴愛。

晴子は大変です。

滝藤賢一のパーマヘアもちょっと笑えます。

 

晴子の陣痛が始まり、いよいよ出産の日がやってきました。

病院へ行くものの、なかなか生まれない鈴愛。

なんと、その理由はお腹で鈴愛が寝てたんです(笑)。

呑気過ぎる!!!

ちっとも生まれてくる気配が無い鈴愛に、母も気が抜けます。

さすが、この頃からお調子者?!の鈴愛ですね。

 

「わたし、眠い、気持ちいい。」

鈴愛の心の声が聞こえてきます。

周りの気持ちも知らず、幸せそうな鈴愛。

ほんと、呑気なものです。

 

鈴愛が生まれる時代は、イザナミ景気の頃でした。

鈴愛の両親もイケイケ・ドンドン。

家族でやっている「ニレノ食堂」も大賑わいです。

 

実家の食堂も忙しく、晴子は腎臓の持病があったので、元々子どもを産む気ではなかった2人ですが、、、

(え~!!!そうなんだ(笑))

悩んだ末、晴子は産む決意をします。

 

回想シーンも終わり、いよいよ鈴愛誕生か・・・と思いきや、

「もう、子どもなんかいらん!」

陣痛に苦しむ晴子ですが、鈴愛はなかなか出てきません。

 

「おかあさんの顔見たいです。そして私、生まれたいです!」

お腹の中で、叫ぶ鈴愛。

そして、第1話はここで終わり。

え~!!!生まれてこないのって思いましたが、先は長いですもんね。

 

「半分、青い。」第1話の感想

いよいよスタートした「半分、青い。」ですが、皆さんはどんな感想だったのでしょうか。

皆さんの声をピックアップして紹介しますね!

全体的に見てみると、「面白い!」という声が多かったです。

これからに期待されているような感想も。

という、私もとても面白かったです。

 

まとめ

コメディタッチで、軽く明るい「半分、青い。」

朝見るのにはぴったりな感じでした。

そして、まさかの鈴愛の誕生がお預け。

明日は生まれて来るのでしょうか!

スポンサーリンク

 

 - 半分、青い