半分、青いで律の好きな人は誰?運命の出会いで結婚?

   

北川悦吏子さんの作品だけあって、恋愛要素も期待できる「半分、青い。」

特に律と鈴愛の2人の関係はどうなっていくのか注目されるところですよね!

特に、クールでとっつきにくい律はどんな人と恋に落ちていくのでしょうか??

気になる律の恋についてネタバレしていきます!

スポンサーリンク

 

半分青いで律の好きな人は誰?

rei 麗さん(@rei.take0407)がシェアした投稿

佐藤健はかっこいいけど演技うまいの?過去の出演ドラマは何?

 

菜生(奈緒)の高校最後の引退試合を見に行った律は、そこで一目ぼれをしてしまいます。

相手は他校の生徒・伊藤清(古畑星夏)。

お互いに惹かれている様子はあったものの、特に発展する様子もなく高校時代を終えてしまいます。

 

そんな2人が大学のキャンバスで再会するのです!

もともと東大志望であった律ですが、成績が伸び悩んでいたこともあり、京都大学を受験することにしたのですが・・・。

それでもすごいんですけどね。

 

運命のいたずらか、自分のカバンと鈴愛のカバンをお互い取り違え、センター試験の受験表が鈴愛のカバンの中に入ってしまうという事件が起こりました。

そのため、律はセンター試験を受験することが出来なくなってしまいます・・・。

まぁ、受験表は再発行も出来たようですが、模試試験の段階で点数が足りていなかったので、律はセンターを受験できなかったというより、受験しなかったようですね。

 

そのため、律は東京の私立大学に進学することになりました。

鈴愛も秋風羽織の事務所でアシスタントとして働くことになっていたので、2人で東京進出です。

お互いの両親の意向もあり、律と鈴愛は近くに住むことになったのですが・・・。

って、どこまでも腐れ縁ですね(笑)。

近すぎてくっつけないパターン???

 

それはいいとして?!律は東京の大学に進学し、偶然、伊藤清と再会します!

再会した2人は、意気投合し、好意を抱くようになり、付き合い始めるのです。

 

律と彼女と鈴女の微妙な三角関係

スポンサーリンク

 

そのころ鈴愛も律の友人・正人(中村倫也)に恋心を抱いていました。

上京してきた鈴愛の母・晴(松雪泰子)に、好きな人がいることを打ち明けると、晴は鈴愛の好きな人は律だと思っていたと話します。

すると鈴愛は、自分が律を好きでも律は違っていて、律には好きな人がいると晴に伝えるのです。

鈴愛は律が好きだった?!んですね。

 

そんな鈴愛は正人に告白するのですが、正人に振られてしまいます。

それを知った律は、正人にその理由を尋ねると、「律が好きな人と付き合うことはできない」と答えるのです。

衝撃!(笑)。

 

ですが、清と付き合い始めます。

そこで、律と清と鈴愛の微妙な関係が・・・。

それがついに爆発してしまうのです。

 

鈴愛は律の誕生日を祝うために、律の部屋に行きます。

いつものように笛を吹いて律を呼ぶ鈴愛でしたが、そこにいたのは清でした。

清は以前から、鈴愛のことを聞いていてヤキモチを焼いていたようです。

 

清は鈴愛に、自分は律の恋人だから、3回笛を吹いて呼ぶのをやめてと告げると、鈴愛は、律は自分のもので律と生まれた時からずっと一緒だったのは自分だから律を返せ的なことを言ってしまうのです。

修羅場です(笑)。

でもお互いの気持ち、分からなくもないですね。

こうして、律が清と付き合うことになって、鈴愛との関係が微妙に変化していくのでした。

 

律はこのことである決断をします。

清を傷つけたくないという理由で別の街に引っ越すことにするのです。

それを知った鈴愛は悲しみにくれますが、鈴愛は少しづつ漫画の創作に没頭していくようになります。

 

今までずっと一緒にいた2人でしたが、初めて離れ離れになる日がきてしまいました。

 

律はその彼女と結婚するの?

秋風羽織はみうらじゅん以外にも似てる人がいた?モデルはいるの?

鈴愛と離れた律ですが、清は律が鈴愛に気持ちがあることを気づいてしまうようですね。

律は結婚をするようですが、それが清なのか別の女性なのかは今のところはっきり分かりません。

けれど、上手くコミュニケーションがとれず離婚をしてしまうようです。

 

そして、岐阜にて鈴愛と運命の再会を果たします。

そこからは鈴愛といいパートナーシップを築いて生きて行くようですね。

最後の方はまだ詳しい情報が出そろっていないので、また分かり次第更新していきますね!

 

まとめ

半分、青いで律の好きな人は誰なのか、その人と結婚するのか?などなど考察してみました。

また新しい情報が出たら更新していきますね!

スポンサーリンク

 

 - 半分、青い