海街ダイアリーでリリーフランキーの方言はどこ?自然でうまい?

   

豪華キャストが登場している海街ダイアリー。

中でもリリーフランキーさんは個性的ですよね。

実はリリーフランキーさん、海街ダイアリーの監督である是枝監督と全作品に出演するっていう約束をしているんですって。

是枝作品にリリーフランキーさんは欠かせない存在なんですね。

 

で、そんなリリーフランキーさんが海街ダイアリーで話す方言がちょっとかわいいですよね。

その方言がどこの方言なのか、気になって調べたので紹介しますね!

スポンサーリンク

海街ダイアリーでリリーフランキーの方言はどこ?

海街ダイアリーの広瀬すずのバスタオルシーンがかわいい!お風呂シーンと対だった?

海街ダイアリーでリリーフランキーさんが演じるのは、喫茶店「山猫亭」の店主・福田仙一。

大衆食堂「海猫食堂」の店主・二ノ宮幸子(風吹ジュン)の友人で、二ノ宮がなくなった後、海猫食堂のレシピを引き継いでいきます。

映画では2人のやり取りが切なくそしてほのぼのしていましたよね。

 

海街ダイアリーの舞台は「鎌倉」ですが、リリーフランキーさんは方言を喋っています。

「でていったんよ」

「かかえとっちゃろ」

「宝もんやけん」

「隠しとることがあるとやろ」

「よかね」

などなど、独特の言葉ですね!

 

これはどこの言葉でしょうか。

言葉の語尾からピンと来た人もいると思いますが、どうやら「北九州弁」のようですね。

 

北九州弁はその名の通り、福岡県の北九州市を中心とした地域で話される言葉です。

略して「北九弁」、他にも「小倉弁」とも言われるようですよ。

 

一番有名?!なのが「~っちゃ」。

「やっぱ、福岡が一番っちゃ」

とか。

まるでうる星やつらのラムちゃんみたいで可愛い(笑)。

他にも「~やけん、~やろ」とか。

柔らかい感じがいいですよね。

 

ちなみに、リリーフランキーさんは福岡県北九州市の出身なんです。

ということは、この言葉は素で話しているということですよね。

だから、自然なんですね!

スポンサーリンク

 

これには皆さんも

リリーフランキー、福岡方言自然だけど演技してないみたいな。きれかった、と福岡人独特の活用形のミスを再現したのに感心。

 

「君の名は。」の三葉とか、「海街diary」のリリー・フランキーみたいな、柔らかい方言、手に入れたいよね!

 

リリーフランキーだいすき😗笑
海街diaryのとき方言喋ってて
余計だいすき😗😗笑

 

福岡出身のリリー・フランキーさんが、海街diaryで普通に方言で喋ってて笑った

 

是枝監督って感じの作品。方言喋ってるリリーフランキーほんと好きやわ

 

海街diary、原作知らないけど是枝監督だし安心だな〜と肩の力抜いて見に行ったんだけど、予想を超える良さがあった。ほんとうにおすすめ。私もしらす丼食べたい。あとリリーフランキーの福岡の方言聞けてにやけた。

などなど、好評でしたよ!

 

まとめ

海街ダイアリーのキャストの年齢設定と実年齢に違和感?綾瀬はるかはミスキャスト?

海街ダイアリーでリリーフランキーさんが話す方言は北九州弁でした!

リリーフランキーさんが話すと柔らかみがあって良かったです。

スポンサーリンク

 

 - 映画