【ごめん、愛してる】第6話ロケ地・新婚旅行先のホテルや塔子が行ったバーはどこ?

   

ネットサーフィンをしていたら長瀬智也の昔のドラマ「ムコ殿」にたどり着きました。

今の長瀬智也と同一人物とは思えない変わりぶり!!ちょっとした衝撃です。

それでは「ごめん、愛してる」6話ロケ地情報をお届けします。

スポンサーリンク

「ごめん、愛してる」第6話のロケ地・撮影場所

サトルと塔子の新婚旅行先

箱根ハイランドホテル

引用元(http://www.musashino-music.ac.jp/guide/facilities/campus/new_campus1/beethoven_hall/)

サトル(坂口健太郎)と塔子(大西礼芳)の新婚旅行先。

芝生が広大に広がっている場所で海外のようでしたが、実は箱根でした。

あのロケ地は、「箱根ハイランドホテル」です。

トリップアドバイザーによると神奈川県で9番目に人気のホテルということです。

 

律と凜華が食事に行った中華料理店

北京飯店

引用元(https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130402/13092946/)

お腹が空いた律(長瀬智也)と凛華(吉岡里帆)が向かった庶民的な中華料理店。

あのロケ地は新宿御苑にある「北京飯店」です。

夏のこの時期の名物料理は冷やし担々麺のようです。

新宿界隈にしてはランチの定食が800円台でリーズナブルなのでサラリーマンの味方のようなお店ですね。

スポンサーリンク

律と凜華が向かった海岸

南無谷南海水浴場

引用元(http://umi.enluc.jp/2012/07/post_20.html)

麗子(大竹しのぶ)の会見を受け、センチメンタルになった律が行きたいと言い出した海。

海辺で水遊びしたり、砂浜に文字を書いたり、今まで知らなかった青春を律が取り戻している感じですよね。

どんどん律は死ぬのが嫌になっていくのでしょうね。

 

あのロケ地は、千葉県南房総市にある「南無谷南海水浴場」です。

遠浅で波の穏やかな海水浴場なので、ご家族連れにも安心な海水浴場ですね。

 

塔子が1人で飲んでいたバー

KITSUNE

引用元(https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13015587/)

塔子が1人で飲んでいたバー。

それにしてもサトルが自分のお母さんの事を心配したら「自分だけを見て」とか言っておきながら、自分のお父さんについてはサトルを完全無視。

どこまで自分勝手なのでしょうか。

塔子みたいな人を魔性の女というのでしょうね。怖い、怖い。

 

このバーのロケ地は渋谷にある「KITSUNE」です。

光がまばゆいアイランドカウンターがおしゃれすぎて、塔子のように一人で飲みに行く女性も多いみたいです。

 

まとめ

自分の事を死産したと言われてしまった律。あれはさすがにショックでしょうね。

徐々に塔子の悪の顔が見え隠れしてきた感じがします。

早くサトルは気付かないかな。

それでは「ごめん、愛してます」6話のロケ地情報をお届けしました。

「ごめん、愛してる」ロケ地まとめはこちら

スポンサーリンク

 - ごめん、愛してる, ロケ地