未来のミライの声優キャスト一覧!ひどいと不安視される理由は?

   

人気作を多く送り出してる細田守監督のアニメーション映画『未来のミライ』が2018年に公開されました。

細田守監督の作品には、声優ではなく、俳優・女優の方が声の出演をされていることが多いですよね。

なぜ本業の声優さんではなく、俳優・女優の方が声の出演をされることが多いのでしょうか?

だからか?!細田守監督の作品では、声優に対する不安の声が上がることがあるんです。

なぜ不安な声が出てきたのか、紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

 

未来のミライの声優キャスト一覧!

未来のミライの原作や内容をネタバレ!なぜミライが来たのか理由も考察してみた

 

未来のミライのメイン声優は以下の8人です。

  • くんちゃん・・・上白石萌歌
  • ミライちゃん・・・黒木華
  • おとうさん・・・星野源
  • おかあさん・・・麻生久美子
  • 謎の男・・・吉原光夫
  • ばあば・・・宮崎美子
  • じいじ・・・役所広司
  • 青年・・・福山雅治

 

くんちゃん役には若手女優の上白石萌歌さん。

上白石萌歌さんはオーディションで選ばれ、これが映画初主演となりました。

『おおかみこどもの雨と雪』や『バケモノの子』に出演された黒木華さんや『バケモノの子』に出演された役所広司さんなどが起用されています。

メインキャラクターだけでなく、サブキャラクターも、有名な俳優や女優の方が多く出演されているのが、細田守監督の作品の特徴です。

 

声優がひどいと不安視される理由は?

スポンサーリンク

アニメーション映画などで、俳優や女優の方が声優を務めることが見受けられますが、演技のプロではありますが、声に関しては不安視する声が上がることもしばしばあります。

細田守監督の作品では、『時をかける少女』は仲里依紗さんと石田卓也さん、『サマーウォーズ』は神木隆之介さん、桜庭ななみさん、『バケモノの子』では染谷将太さん、宮崎あおいさんなど多くの俳優・女優の方が声優を努めています。

 

細田守監督の作品は、良い評価を得ていることが多いですが、「本職の声優や実績あるの方を起用してほしい」「棒読みが気になる」など、声に対しての不満が上がっているのも事実です。

というのも、俳優や女優の方は演技のプロではありますが、声に関しては素人と言っても過言ではないので、棒読みなっていると感じたり、違和感を感じてしまったり、話が入ってこなくなってしまうこともあることから、そういった不安な声がでてきてしまうようです。

 

細田守監督がプロの声優を使わない理由として、以前に「技術でお芝居をするのではなく、存在感、人間性などで表現してもらえる方を求めた時にそういうキャスティングをしている」とインタビューで答えられていたことがありました。

また、細田守監督は声優が全員そろった状態で撮影をしたいという考えのため、アニメーションの撮影では別撮りをしていることが多く、人気の声優さんだと全員で集まるようなスケジュールを押さえることが難しいとのことで、俳優・女優の方がキャスティングされる理由の一つでもあります。

 

未来のミライに関しては、特にくんちゃんの声に違和感を感じている人がいるようですね。

未来のミライ観に行くつもりだけど肝心のくんちゃんの声だけががが(⌒-⌒; )
まぁ観てれば慣れるでしょう←

あー、未来のミライ見たーい
けどさ、主人公のくんちゃんさ
あんま声合ってないよね………
中の子可愛いけど…

まだ予告編だけの印象だけど、“くんちゃん”の声には、既に違和感を感じているだわさ。

未来のミライのくんちゃん
の声くそすぎ ちっちゃい子の声は
プロじゃないとダメ

未来のミライのくんちゃんがめちゃくちゃかわいいのに声だけ残念。非常に残念。幼児役は素直に子役にしてくれ。

 

未来のミライのくんちゃんは4歳だよな
4歳・・・声凄い気になるうううう
まあ見に行くけども

などなど、上白石萌歌さんとこどものくんちゃんの声が合っていないと感じている人が多くいるようですね。

確かに、ちょっと高いかもと思いましたけど。

でも、細田守監督は絶賛されていましたけどね・・・。

 

一方、星野源さんが出演されることに期待している人は多くいるようです。

星野源さんが出演されるから観に行く~という人もいましたよ。

 

まとめ

未来のミライでくんちゃんの本名は?声優は誰で評判は下手?

いかがでしたか?

声優についてはプロではない方が多く出演されているため、不安な声が出ていますが、細田守監督の作品を鑑賞された方は多いため、自然と不安な声が目立っているように見えてしまう部分があるのかもしれませんね。

プロではなく俳優、女優を起用しているのは、細田守監督の作品に対するこだわりの一つであるため、それもひっくるめて細田守監督作品ということなんでしょうね。

スポンサーリンク

 

 - 映画