細田守監督の作品一覧と興行収入は?次回作は何?

   

近年、アニメーション映画といえば、細田守監督の名前をよく耳にするのではないでしょうか?

細田守監督とはどのような方で、どんな作品を制作し、次回作はどのような作品なのか調べてみたので紹介しますね!

スポンサーリンク

 

細田守監督ってどんな人?

あ や かさん(@mokaaya.k)がシェアした投稿

未来のミライの原作や内容をネタバレ!なぜミライが来たのか理由も考察してみた

細田守監督のプロフィール

生年月日:1967年9月19日
出生地:富山県中新川郡上市町

細田守監督は金沢美術工芸大学美術工芸学部美術科油絵専攻を卒業後は、アニメ監督やアニメーターをされています。

2005年から、フリーで活動中です。

 

中学の時にアニメーションに興味を持ち、高校1年の時、1984年公開の映画『少年ケニヤ』でアニメーター公募を知り、自主制作アニメを応募して合格したものの、断念してしまいました。

 

大学卒業後、スタジオジブリの研修生採用試験を受けて最終選考に残ったものの、不採用となりました。

 

その後、『少年ケニヤ』で声をかけてもらった田宮武プロデューサーに後の東映アニメーションとなる東映動画を紹介され、1991年にアニメーターとして入社しました。

絵コンテをいくつか担当したのちに、1996年、東映の演出採用試験に合格し、1997年の『ゲゲゲの鬼太郎』で演出家デビューしました。

2000年には『劇場版デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!』を監督して、そのクオリティの高さから業界の内外より注目を集めます。

 

その後、2005年、東映アニメーションを退社してフリーになり、2006年7月、角川ヘラルド映画の劇場アニメ『時をかける少女』を監督を務め、ロングランヒットとなり、2009年8月、『サマーウォーズ』を公開し、こちらも人気となりました!

2011年4月、自身のアニメーション映画制作会社「スタジオ地図」を設立し、2007年に、『おおかみこどもの雨と雪』を公開、2015年7月11日、『バケモノの子』が公開されました。

公開されると、次々と大ヒットし、人気と知名度のある映画監督となられました。

 

細田守監督の作品一覧と興行収入

スポンサーリンク

 

それでは、今までの細田守監督の作品と興行収入について見てみましょう。

 

望月智晴さん(@chi_harustagram)がシェアした投稿

2006年 『時をかける少女』・・・2.6億円

 

泓言 蔡さん(@curry0321)がシェアした投稿

2009年 『サマーウォーズ』・・・16.5億円

 

happy屋_okamitsuさん(@happyhappy1632)がシェアした投稿

2012年 『おおかみこどもの雨と雪』・・・42億円

 

たまお@さん(@adm_channel)がシェアした投稿

2015年 『バケモノの子』・・・58.5億円

 

特に『おおかみこどもの雨と雪』と『バケモノの子』は2000年代では、アニメーション映画の中でトップクラスの興行収入になるほどの人気でした。

『時をかける少女』は、3作目や4作目には及ばないものの、ロングランヒットとなり、テレビで何度も放送された人気作です。

 

細田守監督の次回作は何?

まめさん(@nina0128_)がシェアした投稿

未来のミライの声優のくんちゃんは誰?キャスト一覧と評判も

2018年の7月20日に、「未来のミライ」という作品が公開されます。

細田守監督にとって、長編オリジナル作品の第5作です。

「兄妹」をテーマに、甘えん坊の4歳の男児・くんちゃんと未来からやってきた彼の妹・ミライちゃんの不思議な冒険のお話です。

くんちゃん役に上白石萌歌さん、ミライちゃん役に黒木華さん、星野源さんや麻生久美子さん、福山雅治さん、役所広司さんなど、豪華な芸能人が声優を務めています

 

また、オープニングテーマとエンディングテーマを担当するのは、細田守監督のたっての希望で、山下達郎さんです。

これは、『サマーウォーズ』以来、9年ぶりの2度目になります。

この作品では、時間を超えた旅を通じて、「命」の素晴らしさなどを見つめなおす作品になっています。

 

まとめ

家族や人とのつながり、人間模様をアニメを通じて丁寧に表現し、大ヒット映画を次々と生み出す細田守監督には、今後も注目ですね!

 - 未分類